月々の返済が苦しく彼女とのデート代さえ厳しくなった。彼女との結婚も3年後に控えた借金地獄

いつの間にか返済地獄

月々の返済が苦しくなっていく地獄

ついついあっちでキッャシグこっちでキャッシングしてしまっていて、給料日数日前になると、口座残高が1万円をきるようになっていました。

ある給料日の5日前、1万円下ろそうと、銀行のキャッシュカードを入れて、引き落とそうとしたらできませんでした。

残高が9520円しかなかったのです。

なんでだ?と月々の返済額を確認した見ると、全部で4万円を超える事態になっていてあせりました。

返済日が異なるので、トータルでいくら引き落とされているのか、把握していなかったのです。
そのとき確認したのが、以下のような返済になっていました。

A社50万円分のキャッシング 48ヶ月 年率17.8%
月々の返済額14,635円 総支払額 702,464円
B社50万円分ののキャッシング 36ヶ月 年率18.0%
月々の返済額18,076円 総支払額 650,721円
C社30万円のショッピングリボ払い 年率15.0%
定額の返済額10,000 29ヶ月 総支払額 357,602円
130万円の借り入れで、約総額171万円の総支払額。
月々の総返済額42,711円

積み重なった給料日前のキッャングや、資格取得のための教材やら通信教育の購入に、キャッシングを使ってしまっていました。

また、支払いがらくだと思ってショッピングも全部リボ払いに切り替えていたのもまずかったです。

自分でも意識しないうちに、いつの間に100万円以上の借金をしていて自分で怖くなりました。

元本は130万円程度なのに、171万円も返していかなければなりません。

金利の高いものを無意識で借りてしまうとこうなってしまうのですね。

とにかく節約して、早く返済していこうと思い、その日から僕の節約生活が始まりました。

なにせ結婚をしたい彼女がいて、その資金も貯蓄しなければならなかったのです。

節約にも限界があった

削れるものは削ろうと、毎月7千円ぐらいかかっていたスマフォ代金を、格安スマフォに変えて、4千円近く出費を抑えました。

さらに、運よく、少し家賃が低い、マンションの1階が開いたので、敷金や礼金をかけずに、引越し費用もかけずに転居でき、4,000円ほど出費を減ら゛ました。

しかし、それ以上は家賃や生活費はあまり削れず、トータルで1万円ぐらいしか出費を削れませんでした。

仕方なく、趣味のつりをあきらめ、さらに5,000円ほどつきの支出を減らしました。

月数万円はかかっていた外食を抑えるようにしましたが、ほとんどが彼女とのデート代だったので、1割ほどしか削れませんでした。

借金があるからと彼女に言い出しにくく、何度か仕事を理由に、デートを削りましたが・・・それも限界がありました。

以前一度だけ、浮気をしてしまい、もう二度としないと誓っていたので、あまりにデートを減らすと、彼女に不信を抱かれてしまいます。

正直に、借金があるからと言えばよかったのですが、そう簡単には言い出せません出した。

そんなことを言ったら、将来的に結婚を考えている彼女の信用をなくしまうと思ったのです。

また、将来の収入アップための資格取得に関する費用も削ることができなくて、一日カップラーメンで過ごすということもありました。

でも、予定外の出費はどうしても出てきてしまいます。

周りが適齢期なのもあり、友人の結婚式など結構あり、とてもきつくて、なきたくなりました。

彼女との将来に備えて、なんとか月々1万円でも貯金したいのに、2千円ぐらいがやっとでした。

節約にうんざりしたころ、借り換えという方法があることを知りました。

金利の低いところで、まとめて借りて、その1本の返済だけにするという方法です。

銀行カードローンに借り替えたら

ネットで全部申し込みができて、店舗まで行く必要もなく申し込みできる。

おおよそ110万円ほど元本の残高があったので、150万円の限度額に申し込みました。

150万円コースだと、金利が6.0%~14.8%となっていたので、最高の14.8%となっても、今の金利よりは安いと考えれば、楽になるはずです。

僕の審査では、12%の金利で通ったので、予想よりよい結果になりました。

月々の返済額も30,000円ほどになり、1万円ほど余裕ができ、返済期間も3年半ぐらいなので、返済期間を長くすることなく返済計画が作れました。

今年資格を取得したら、その費用もなくなりますし、手当ても増えるはずなので、きっとそれよりも早く返済できると思います。

彼女との結婚も3年後ぐらいにと考えれば、ちょうどよいぐらいだと思います。

ただ少しでも貯金をしていかないとと思うので、これからも節約はしていくつもりです。

気分が楽になると、ちょっとした節約もつらくなくなるので不思議です。

借り換えは少しでも早いほうが得なので、早めに手を打ったほうがいいと思います。

僕も、もっと早く気がついていれば、もっと楽だったのにと思います。

タイトルとURLをコピーしました