闇金で借り換えはダメ!闇金の手口を知ろう。押し貸、整理屋、紹介屋、最近はファクタリングの悪用もあり

カードローンの借り換えを考えていて、数社のカードローン会社の審査に落ちて借り換えが出来なかった時に、どこでもいいから貸してくれるところは無いかと困ってしまいますよね。

そんな時に、街中や雑誌でとても金利が安くて条件が良さそうな広告を目にしたことはありませんか?

「どなたにでも即日融資します!」とか「破格の金利で融資可能」などのいかにも胡散臭そうな文句を並べてある広告です。

ついフラフラと借りてみようかと思った事はありませんか?ちょっと待って下さい!

それは殆ど「闇金」の広告です!どんなに困っていても闇金に手を出してしまえば人生そこで詰んでしまいます。なぜ闇金に手を出してはいけないのかを解説します。

闇金とはどんなものかを知りましょう

闇金とは?

闇金融(やみきんゆう)の略称で他に、ヤミ金融、ヤミ金、などと呼称されています。

貸金業を営む場合は、国や都道府県に貸金業としての登録をしなければ開業する事はできませんが、闇金の実態は貸金業としての登録を行っていない貸金業者が多く、

中には貸金業の登録をしていながら違法な高金利(出資法の制限(*)を超える金利)を取る業者のことです。

(*)出資法の制限で決められている利息や貸付限度額は以下のようになっています

  • 元本が10万円未満の場合年20%まで
  • 元本が10万円以上100万円未満の場合年18%まで
  • 元本が100万円以上の場合年15%まで
  • 年収の1/3以上の貸付禁止

この範囲より、かなり逸脱している業者は闇金と考えて間違い無いと言えるでしょう。

以下に闇金の手口をまとめてみました。

巧妙な闇金の手口

忍び寄る闇金

住所録販売業者から入手した住所リストや、官報に載っている自己破産者などを対象にダイレクトメールや携帯電話などで勧誘してきます。

またパチンコ雑誌やスポーツ新聞などに広告を載せたり、電柱・公衆電話などにチラシを貼る違法広告などは100%闇金関係の業者と思って間違いありません。

最近の手口では、あたかもグループ関連会社であるかのように、大手メーカーや都市銀行、大手消費者金融の商号やロゴを使って、「大手企業の関連会社なら安心だ」と勘違いさせる手口が増えてきています。

当然ですがその企業とは全く無関係で、勝手に商標やロゴを使用された企業はホームページなどで注意するように告知しています。

また大手の消費者金融のほとんどはダイレクトメールで融資の勧誘を一切行っていないので、これらを名乗るダイレクトメールは闇金が作った偽物なので騙されないように注意しましょう。

恐ろしい闇金の手口

よく聞く闇金の金利

トイチ ・・・ 10日で1割の略です。10,000円借りると10日で利息が1,000円になります。
トサン ・・・ 10日で3割の略です。10,000円借りると10日で利息が3,000円になります。
トゴ ・・・ 10日で5割の略です。10,000円借りると10日で利息が5,000円になります。
初めはとても低い金利を提示しますが、実際に貸すとなると上記のような法外な金利を言ってくる、というパターンが多く、人権を無視した取り立てや、保証金などの名目でお金を騙し取り融資をしない融資詐欺(貸します詐欺)もあります。

主な闇金とその手口

090金融

基本的に事務所などを持たないので連絡先は固定電話ではありません。

プリペイド式の携帯電話で連絡を取るので「090金融」と呼ばれています。

「ブラックOK」「破産者OK」などのうたい文句が書かれたチラ シを電柱や塀に貼り、直接現金の受け渡しをして個人相手に小口の貸付をします。

紹介屋

金融業者を装って申込者に他への社借入れを斡旋して、その斡旋手数料を強要します。借入を申し込むと自分の所は貸せないので他の借入先を紹介すると言って、自分の紹 介で融資が受けられたからと融資額の2~4割の手数料を取ります。実際は他の業者を債務者に教えるだけが殆どです。

融資を申し込むと、うちでは貸せないので他の業者を紹介するからと言われた。紹介された業者で30万円の融資を受けた後に紹介手数料という名目で10万円を支払うように言われた。

整理屋

多重債務者に対して、「債務を整理してあげますよ」と言って近づき、違法な手数料を取って、債務を1社に整理する業者です。悪質な場合は何も手続きをしないこともあります。

また 、弁護士事務所が名前だけを貸して、弁護士事務所が債務整理を行ったように見せかける場合もあります。

090金融

電柱やガードレール、電話ボックスに貼ってある架空の貸金業者名と携帯電話しか記載していないチラシや広告物などの貸金業者を言います。店舗を持たずに素性が知れない業者で、ファミレスや喫茶店などで契約を交わし違法な高金利を取ります。

偽装金融

貸金業の登録をせずに登録をしているように偽装している闇金融です。電機メーカー、自動車メーカー、都市銀行などの大手企業や上場企業に酷似した商号やロゴを使用して、安心させておいて高額な金利や保証金などの名目でお金を騙し取ります。

押し貸し

契約もしていないのに、勝手に銀行口座に現金を振込み「融資したから利息を払え」と、突然連絡がきます。「借りた覚えは無い」と言って入金額を返却しても、高額な金利を支払うまで、本人や家族、勤務先に脅迫や嫌がらせをしてきます。最悪な場合、返金しても「返金されていない」と偽り金利分の返済請求を続けてくる悪質な方法です。

カラ貸し

振込もしていないのに、「支払いだけ」を請求してきます。電話や郵便物、ダイレクトメールなどで「未払いの債権回収を依頼された。入金しない場合は強制に回収手段を行います。」と言ってきます。
この貸金業者は具体的な身分も明かさず、連絡先は携帯番号だけと明らかに詐欺まがいです。
この方法は相手構わず、手当たりしだいに行っているので、相手にせずに通報しましょう。

買取屋

利用者の所有するクレジットカードで換金性の高い商品を買わせ、それを換金業者に売り、換金できた現金から、買取屋が勝手に決めた手数料を取った残りの現金を利用者に渡し、利用者は少しの現金と商品代のローンを払う事になる手口です。ただし換金目的の物品ローン購入は詐欺行為に当たり、ローン中の品物は信販会社に所有権があるため、それを勝手に売ることは横領に該当し、利用者が買取屋の被害者であっても詐欺、横領の処罰対象にもなってしまいます。

債権買取金融

カラ貸しの一つで基本的にはカラ貸しと同じなのですが、手当たり次第に行うのではなく、債務がある借入先の情報を細かく調べており、「返金先の口座が変わった」などと言って現金を騙し取ったり、住所などの個人情報を知られている不安から振込んでしまったりします。
債権譲渡が行われるときには譲渡通知というものが契約した会社から必ず来るので、不審な場合は問い合わせてみる事が大事です。

システム金融

複数の闇金業者が結託して行い、まず1社が貸付を行い、返済期限が近づく頃に別の業者が借入の勧誘をします。そこで新たに借り入れてしまうと、また返済に困るころに別の業者から連絡がきます。気が付くと、短期間で多重責務者になってしまうという手口です。

自動車金融

車を担保として、法外な高金利での融資を行う闇金融です。売買・名義変更の手続だけをする場合もあり、その場合はリース契約となるため、元金と利息以外にもリース料を支払うことになります。
また査定費用や保管料といった金額を別途取られます。

返済が遅れれば売買契約が済んでいるので車を回収されてしまい借金だけが残ってしまうことになります。

駐車場のフェンスや電柱などで見かける「車で融資」「乗ったままでOK」などの看板で勧誘しています。

信用屋

借入の際に、「今の信用状態では融資できないので、信用を作るために先に10万円を振込めば50万を18%の低金利で融資をします。振り込んだ10万円は後で返します。」などと言い現金を振込ませ、融資は行わずにそのまま現金を騙し取る業者です。

ヤミ金の終わらない返済システム

10万円のトゴ(10日で5割の金利)で融資を受けた場合、10日後の完済金額は150,000円となり、利息だけだと50,000円の金額が10日に一度返済するシステムです。

返済日に利息の50,000円だけを返済すると10日後にまた返済日がきます。

利息のみの返済を続けていると闇金のシステムでは全く元金が減りません。

返済日に完済金額を支払いすれば当然返済終了となりますが、悪質な闇金業者は完済をさせずに利息の支払いを永遠に請求しようと言う手口があります。

空しい事前連絡

通常のカードローン会社の返済は、月の何日と返済日が決まっていますが、闇金独自の返済方法があります。それが「事前連絡」と言うものです。

事前連絡とは、返済日の前の日(前営業日)に「明日(翌営業日)返済します」と債務者から連絡を入れる事です。

前日連絡と言う会社もあり、何時までと指定している会社もあります。

何故債務者から事前連絡をさせるのか?ここが闇金の姑息な手段と言えるでしょう。

事前連絡をしたのに業者が電話にでなかったので返済日にその旨を伝えてみても「事前連絡が無かったので完済金額は受付ができないので利息だけの支払をしてください」と、利息だけの返済を要求されます。

事前連絡もしたし、早く完済をして借金を無くしたいのに、事前連絡に出ない、完済をさせてくれない悪質な闇金業者の利息だけの返済手口です。

この手口に引っかかると、融資を受けて返済を取り決めた期間ごとに、利息だけの返済をすることになってしまいます。これは悪夢としか言いようがありません!

「完済金額を入金してしまえばそれで完済したことになるのでは?」と思う方も多いかと思いますが、闇金の手口は一筋縄ではいきません、次の手を闇金は打ってきます。

自分だけで解決しようとしても無理!

例えばあなたの家が火事になった時を想像してみて下さい。初めは自分で何とかしようとしても火は消えてくれません。

自分が火達磨になる前に消防署へ連絡しますよね。それと同じ事で、失敗を何とかしようと足掻いて、さらに失敗してしまうケースが殆どです。闇金はプロです。

プロにはプロの対応が必要になります。世の中にはその道に精通したプロが居ます。

費用は掛かりますが延々とお金を毟り取られる生活から抜け出すためには安いものだとは思いませんか?もし現在あなたが闇金に関わって困っているのならば、一刻も早くその道のプロへ相談する事を強くお勧めします!

闇金で借りてしまって困っているのならば、電話で無料相談しよう。

その他の闇金の手口

ヤミ金融からお金を借りる前に、次の点をチェックし て業者を慎重に選びましょう。
  • 登録業者(*)であるかを確認する
  • 利息計算、返済方法、手数料などを説明できる業者かを確認する
  • その他、ダイレクトメール、電話、チラシなどのうまい話に惑わされないようにしましょう。
(*)貸金業者は営業所内に「貸金業者登録票」及び「貸付条件表」の掲示が義務付けられていますが、登録業者でも法定金利を超えた利息を要求する所もあるので注意が必要です。

似非ファクタリングで悪用

ファクタリングは、事業者が債権が入金される前に、早めに現金がしたいときに使う資金調達方法です。

それ自体はまっとうな方法なので、ファクタリング自体が悪いわけではありません。

イメージ的には債券担保みたいなものなのですが、ちょっと違います。

とにかく事業資金の調達で使われる資金調達方法なのですが、この名前とシステムを個人向けに悪用してくるものが最近出回っています。

さも簡単にお金を借りられるように個人向けの闇金融資に「ファクタリング」を名乗っているものが出てきています。

ただの高利なので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました