開店祝いにお勧めの贈り物は胡蝶蘭

開店祝いのマナー・贈り物

開店祝いのマナーとお勧めのギフト

開店祝いに贈ってはいけないものは・・・

開店のお祝いに贈ってはいけないものは、火を連想するイメージのあるものです。火鉢、ストーブ、赤外線系家電、灰皿など、こういったものは、火災をイメージするので、避けるべきものとなります。そのほかにも、真っ赤なものは避けるべきでしょう、赤も火を連想させますからね。

縁起がいいものを贈るべきです。

縁起がいいものであれば何でもいいのですが、お店の開店だと考えれば、そこに根付いて繁栄するという意味で、短命のものは避けたほうがいいでしょう。例えばお花を送る場合、入院のお見舞いならば、切り花でいいのですが、開店祝いだったら、鉢植えのものにすべきです。「根付く」という意味で、鉢植えの方がこの場合縁起がいいいわけです。

お勧めは胡蝶蘭

これらのことを考えると、白い胡蝶蘭がお勧めということになります。鉢植えで、花言葉に、幸福が蝶々のように飛んでくるという意味がありますので、縁起がいいわけです。そのほかにも、店内に胡蝶蘭を飾っておけば、新しいお店を彩ってくりますし、外から窓越しに見える訪問者の目を引いてくれます。さらに、ちゃんと水遣りすれば、1月ぐらい花がもちますから、贈り主の立て札とともに、長く印象に残してもらえるばずですから、いい印象を持ってもらえるはずです。また高価というイメージがありますから、受け取ったほうも贈り主から高価なものをもらったという印象を残します。

 

胡蝶蘭の購入方法

開店祝い,胡蝶蘭,マナー,贈り物,喜ばれる,取引先,ビジネス

では、どのように胡蝶蘭を送ったらいいでしょうか?直接持っていくという方法もあると思いますが、やはりかさばるものですから、宅配便などで送る方がいいと思います。開店当日や、その前日などはとても忙しいでしょうから、その前に届くように手配するのがいいと思います。2〜3日前でも、鉢植えの蘭の花でしたら、開店してすぐに花が萎れるということもないでしょう。蘭の花は、育てる人によって個性がでます。本当にいいものを、そして盛りのものを選びたかったら、フラワーショップでなく、蘭の育成販売を行っている専門店がお勧めです。全国どこでも届けてくれますし、立て札などもちゃんと立ててくれます。育成と販売の両方を手掛けている蘭通販店でしたら、予算に応じて選べる豊富な商品がそろっているので、いくつも置いていないフラワーショップである物の中からしか選べないよりもずっといいものが選べます。お勧めは、こちら。【幸福の胡蝶蘭屋さん】




 

その他の蘭販売店の情報はこちらのサイトがおすすめ
蘭通販販売・御祝マナーガイド

 

シリウスの画像
シリウスの画像

HOME

ホーム RSS購読