ベンチャービジネス独立開業業

ベンチャー起業で独立開業

ベンチャービジネスとは、簡単にいうと、知識や技術を軸に、大企業では実施しにくいビジネスを展開する中小企業の行っているものをいうとあります。要は、小回りの利くビジネスで、大企業では手の出しにくいビジネスを展開するということですね。すばらしいビジネスアイディアを思いついて、独立開業を目指したいけれど資金が足りないという場合は、公的融資などを考えてみればいいでしょう。開業資金と事業融資のページに説明がありますので、参考にしてください。



個人が新しいビジネスモデルを考え出して、開業するものもこのなかにはいるでしょう。ビジネスモデルなどは、特許を取得したほうがいいと思いますが・・・・なかなかビジネスモデル特許を取得するのは難しいようです。


一時もてはやされて、猫も杓子もといったぐわいに、当サイトは「ビジネスモデル特許を申請しています」なんて表記がありました。たぶん取得というよりも、他人にまねされるのを躊躇させようという狙いが大きかったのではないかと思います。ほとんど取得したという噂は聞きませんし、最近は見かけなくなりました。つまり殆ど取得できていないのではないかと思います。または、可能性が低いので、申請はしたけれど、審査請求をしていないとかだと思われます。特許は申請だけでは取得できません。


実は特許申請はだだの順位の確保で、取得できるかどうかは、審査請求しなければならないからです。じゃあ、申請だけならば、無駄なのか・・・というとそうではありません。たとえば、あるアイディア商品を考えついた場合、特許を申請して、審査請求ができる期間内に、起業などにアイディアを売り込んでみるという方法です。採用が色濃くなってから審査請求をすれば、少々高くつく審査請求費用も無駄になりません。


また、前年度の市町村税が免罪されている個人や、開業したての個人事業主などについて、全額免除や、半額免除などの制度もありますので、個人でも特許を取得して、独立開業に結び付けようというのは良い選択だと思います。


ただ、特許は数打てば当たるように、1つ出してそれに固執してもなかなかうまくいかない場合があります。どんどんアイディアを絞り出して、申請していくうちに、きっと取得できるものがあると思います。但し、専門家に頼むと、とてもそんなことはやっていられません。こういう場合、自分で申請するのがベストです。


自分で特許申請するノウハウについては、自分でできる特許申請こちらをご覧ください。実際に自分で特許申請ができるノウハウについて案内しています。

ベンチャー的ビジネスへの参加

たとえばご紹介すると、オリジナル絵本ビジネスというものがあります。手作りで、1冊1冊お客さんから頂いたデータをもとにセミオーダーで制作する絵本です。全部本の内容がことなりますから、とても大企業が大量生産で儲けるという方法はとれません。


つまり隙間ビジネス的なところがあって、個人が小さく始めるビジネスとしてはおもしろいビジネスです。まさにベンチャービジネスです。


しかし、個人でゼロから始めるとなると、それはそれで大変です。本気で良い者を開発しようとすると、1冊企画するにも、プロの作家やイラストレーターを使ったら、半端ではない開業資金がいります。それを商品として何冊もそろえるとなると、とても小資金で独立開業という訳にはいかないでしょう。


そこで、代理店制度がありますので、活用してみるといいでしょう。ノベルティーなどで大量受注して、年収1000万ぐらいになった方もいるようです。他人のふんどしでベンチャービジネスで独立開業を目指すというのもありではないでしょうか?独立開業にオリジナル絵本ビジネスのサイトにいけばオリジナル絵本ビジネスの詳細が分かります。