開業後の資金調達先も情報として持っておくことが大切:開業資金支援情報|独立開業・起業のための情報館

開業後の資金調達先も情報として持っておくことが大切

実は開業資金よりも重要な融資情報となるのが、開業後の運転資金や設備投資などの融資情報です。

創業した後に、いろいろなことが起こります。

ちょっとした資金が足りないだけで、倒産に追い込まれてしまったりすることもあります。

ですから、経営者として、開業後の事業資金の確保についてもしっかりと考えておかなければなりません。

相手先が支払いを伸ばしてくれと言って来たりすることだってあります。
次の仕入れ資金が足りなくなったり、支払資金がなくなったりしては大変です。

そのために、つなぎ融資をしてくれるような融資情報をちゃんと持っておきたいところです。

事前に審査を受けておいて、いつでも借りられるようにしておくとかいう方法もあるでしょう。

政府系の事業ローンだけでなく、銀行でも無担保で第三者保証人無というビジネスローン商品もありますから、

地元の銀行にそのような融資商品がないかよく調べておくといいでしょう。

急に資金が必要になってからでは間に合わないことがありますし、焦っていてついつい金利の高いものに飛びついたり、やみ金融で借りてしまったりしてその場をしのいでも

結局事業に大きなダメージを与えるようなことになりえますからね。

独立開業計画を立てるときは、創業資金だけではなく、2年後などても資金が必要になった時にどうやって融資を受けるかなども考えておくべきでしょう。


■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

タグ

2012年3月 6日|

カテゴリー:融資に関する事


独立開業に役立つ情報推薦サイトはこちらサイト 独立開業方法・独立夢辞典
独立開業成功させるために必要な事・ビジネスのヒントなどの記事があります。