開業資金支援情報|独立開業・起業のための情報館

ホームサイト「独立開業・起業のための情報館」

開業資金・助成金・女性起業支援

独立開業の資金の融資を受けるさいは、国き経済発展のためには、起業家が沢山出でくれることを望んでいますので、公的な融資や助成金を活用しましょう。特に女性やシルバー向けの助成金や支援なども用意されています。
開業資金と事業融資へ戻る

独立と資金の調達

独立開業するには資金が普通は必要ですね。全額貯金や資産で賄えるのならはそれが理想ですが なかなかそうはいきません。

開業資金は、まず開業計画を立ててみてどの程度の金額が必要になるのかを検討し、 その半分ぐらいは、自己資金を用意するようにします。

まずは自分の手持ちの現金で何%くせらい用意できるでしょうか、全額の3分の1が最低は ほしいところです。それにプラスして、親や兄弟、親類、賛同者などに融通してもらい、 予定金額の半分を用意できれば、それは自己資金といえます。

自己資金が半分用意で来たら、公庫に融資の相談にしに行くことができます。いくらなんでも 全額開業資金を用意してくださいと相談に行くのは無謀です。

また開業後の生活のためのお金はどうするのかについて考えましょう。

公庫の場合は、返済の据え置き期間があるので、すぐに事業ローンの返済が始まるわけではありませんので 1年ぐらいで、月々の返済金額が十分捻出できる無理のない事業計画、もちろんその出る利益で 生活もしていかなければなりませんから、自分の給与分も合わせてのことです。

1年事業を継続しても、事業ローンの返済ができそうないようだったら、廃業や 再就職も考える必要が出てきます。

農林漁業のための震災特例融資一定の期間、実質無利子

東日本大震災では、特に農林水産事業や食品加工産業事業者が大きなダメージを受けました。

とてもそれまでのような事業ローンで融資を受けて、再開するような余裕はない、二重ローンという重荷があります。

そのため実質的に、震災特例融資として、一定期間実質的に無利息になるような融資制度が用意されました。

もちろん保証人も不要の融資です。

通常の事業ローンよりも償還期限と据置期間が3年延長されるというもので、返済もとてね楽になると思います。

もともと返済据え置き期間が3年程度用意されていますので+3年で6年ぐらいで返済が始められればいいわけです。
続きを読む "農林漁業のための震災特例融資一定の期間、実質無利子" »

民間金融機関でも無担保、保証人無の事業ローン商品はあります。

担保無、保証人無で事業資金の融資を申し込めるのは、日本公庫ぐらいだろうと普通は考えると思いますが、

銀行でも、担保無で、第三者保証人無しという融資を用意しているところは実はあるのです。

日本では低金利が長く続き、お金が余っていますから、銀行もやっぱり優良な貸出先をほしいわけですから、事業者向けの事業ローンは用意しているわけです。

ただし、実績のある事業者向けですので、これから全くどうなるかわからないような、新規開業向けの融資はまずないでしょう。

まあその場合は担保がくえんないとだめだと思いますし、新規開業ならば絶対日本政策金融公庫の事業ローンが一番有利ですから。

ただし、銀行の商品の場合は、多くても500万円くらい、だいたい300万円ぐらいまでの無担保融資ですから、おおはしさんふじんか具たからものの融資はありません。

中小企業や個人事業者向けの融資で、運転資金、設備資金としてです。

運転資金がショートしたときにつなぎ融資などとして使うにはちょうどいいかもしれません。

お勧めサイトリンク

|事業ローン・開業資金情報考察|独立開業方法・独立夢辞典| ビジネスローン百科|