独立開業資格取得

独立開業と資格

その資格を取得しないと、業として営業できないビジネスは色々あります。

飲食店であっても必要ですね。ただここでは、その資格そのものが業務であるものについてご案内したいと思います。

独立開業向きの資格は色々ありますが、実は、その資格を取得したからといって、独立開業ができるというものは少ないと思います。

資格をとっただけで、直ぐに働けて、経験を積んで独立開業できるというのは、司法試験と公認会計士ぐらいでしょうか?

それとまだまだ資格者がすくない、不動産鑑定士も業務を受注するのにそほど困らないかもしれません。

通信講座をお探しならこちら

資格と独立具体例

例えば、1つ例を挙げてみると結構難易度が高くて、直ぐに実務ができる司法書士(とはいっても経験は必要で補助者などになる人もおおいが、即独立開業する人もいるので)は、不動産登記をメインとすると、ちゃんと営業して独立開業できるだけの仕事を確保するのは、簡単ではないでしょう。

つまり、難易度が高ければそれだけで独立開業できるとはいえず、逆に取りやすい資格だからといって独立開業が困難と言うわけではありません

。結局はどのていどの仕事をとれるかによってきまってくるので、資格を取得することがゴールラインではなく、スタートラインにたったというだけのことなので、資格取得だけに何年も費やしていてはなかなか独立開業には結びつかないと思います。


資格の選び方

資格によっては、受験資格が存在していて、実務経験を要求されるものがある。

例えば以前不動産鑑定士は補の資格を実務をつんだものが取得してからでないと受験する事ができなかった。

そのため有資格者が不足して、裁判所からの依頼などの仕事もあり、競合競争の少ない資格であった。

これが改善されて、誰でも受験できるようになった。

いずれ有資格者も増えるとおもわれるが、元来けっこうな専門知識が必要な資格であるので、そんなに急には増えないと思うので、狙い目であろう。

話がそれてしまったが、学生時代や若いうちからそのしか桑目指すのであれば、多少受験の条件などがあっても、予め準備できるが、30歳代以降に独立開業にめざさめ、いざ資格をとろう!と思った場合は、受験資格や開業までの経験や研修などに費やす時間なども考慮しておかないといけない。

前述したが、資格取得=独立開業ではなく、スタートラインにたっただけなので、スタートラインまでの期間、そしてスタートラインから独立開業までの期間や課程について、良く知る必要がある。

それぞれの資格毎に異なる点があるのでそのへんをしっかりと確認した上で資格取得にトライしてほしい。

また、自分の得意、好き嫌いもあると思うので、その辺も検討する必要がある。

せっかく独立開業するのだから、やっていて苦にならない仕事がいいだろう。

例えば、不動産関連の仕事は、登記や測量、土地の価値などをはかる仕事がある。

司法試験は別格として、ここでは取り上げないが、誰でも受験できる司法書士は、近年簡易裁判所で少額訴訟の場合法定代理人として、たつことができる(司法書士資格取得後別途研修と試験有り)。司法書士は商業登記も専門である。

法務・不動産資格→ |司法書士で独立開業| |不動産鑑定士で独立開業|

計算や数字につよいのならば、会計系の資格がいいだろう。公認会計士は別格として取り上げていないが、税理士やファイナンシャルプランナーなど、実際に独立開業している人も沢山いるいる資格がいいだろう。

経理系資格→ |税理士で独立開業| |FP(ファイナンシャルプランナ)|

商業系の資格ならば、以下のようなものがある。大きな企業では、専門の従業員をかかえるが、中小企業企業では、外注することの多い業務を担う仕事である。

中小企業診断士や社会保険労務士は十分独立開業できる資格といえるだろう。

商法系資格→ |中小企業診断士で独立開業| |社会保険労務士で独立開業|