独立開業プラン

独立開業のプラン作り

独立開業入門者は、まず独立開業プラン(独立開業計画)をつくりましょう。

いつまでに独立したいのか、独立したい年齢は、それまでの時間は、独立の時に必要な資金はいくらぐらいかなど、独立開業をスタートさせる時期とそれまでの時間を決め、あとどれぐらい時間があるかを割り出しましょう。

まずは「何歳までに独立したい」かという希望がでるかもしれませんが、それによって、それまでにどのぐらいの資金が容易できるか、どのぐらいの経験がつめるか、あるいは独立開業のための資格を取得可能かなど、希望と現実は必ずしも一致しなすので、この独立開業までの時間、期間をはっきりと紙上に書き出して見ることが単なる夢や希望で終わらせないために重要な事なのです。


■注目の特集→独立開業ノウハウだけを手に入れ、自力で開業しよう!!
ハウスクリーニング・自宅ネイルサロン・便利屋開業・飲食店開業

独立開業プランは余裕を持たせる

独立開業プランは、必ずしもそれ通りに行くとは限りません。ですから、基準日を設定して、その前後に「早くいけば」という設定と、「遅くても」という設定をつくるべきです。

努力して、予定よりもプランを実行できれば良し、基準日をクリアできなくても、絶対期限までには必ずなんとかするなど、独立開業プランには、妥協と絶対条件の2つが必要になってきます。

独立開業にさいて、資金を貯めるとか、資格を取得するとかいう場合には、このことをしっかりと計画してプランとして、いつも自分の頭の中と、紙の上で見える状況にしておかないと、妥協の繰り返しや、先のばし、断念などに陥りがちになるでしょう。


■注目の特集→独立開業ノウハウだけを手に入れ、自力で開業しよう!!
塾開業マニュアル・自分でできる・自宅で開業できる

独立後のプランも入れる

独立開業プランには、独立開業までの計画だけではなく、独立開業後の計画も必要になります。

自分や家族を養うための最低限の月の生活費がいくらで、蓄えがいくらで、独立開業後まったく収入にならない場合でも、最低何ヶ月は大丈夫という計算も必要です。

また、何ヶ月たって、この程度の収益があがらなったら、日雇いのバイトをしてしのぐプランや、何年やって、ここまで達成できないときは、一端廃業して出直しを考えるとか、予め独立開業後のステップアップとそれにかかる時間を考慮して、目標設定することが大切です。

また借り入れをした場合、この金額以上になったら、廃業して精算するなど、失敗した場合の、計画も考えておかないと、借金で二度々立ち上がれなくなってしまうこともあります。

独立開業は必ずしも、一度で成功できるとは限りませんし、またさうしなければならないわけでもありません。

何度でも再起してトライすればいいのです。一度の失敗で全てを失うような、ギャンブルとおなじ独立開業計画では絶対にいけないのです。

失敗も大きな経験としての財産になり、再チャレンジの資産ともなりますので、再起出来なくなる前に、いったん見切りをつけるための計画を持つこともとても重要なことなのです。