自分でできる塾開業ノウハウ

塾開業は自分で開いた方が効率がいい

自分で開ける学習塾開業

学習塾は仕入れや在庫、売り掛けなどのリスクがないので、個人が開業できるビジネスとしてとても魅力できだと思います。

塾開業に必要なものは教室ですが、自宅の1室を利用したり、庭先にプレハブを建てたりなどして、教室を作れば、毎月の経費も必要なく開業できます。

それが不可能な場合でも家賃の安いアパートやマンション、借家でもいいので、テナントなどで大きな資金を用意する必要はないのです。

塾開業というと、FCなどに加盟しないと無理だと思っているかたがいますが、開業資金に何百万もかかったり、加盟金が少ないが月のロイヤリティー50%もあっりなど 逆にデメリットの方が多くなります。

但し勘違いして欲しくないのは、資金をかけたからといって、成功する確率が高くなるわけでもないし、フランチャイズに加盟したからといって、その名前だけで生徒が集まるわけでもないのです。

逆に資金がかかる分、リスクが大きくなり、ロイヤリティや資金の借り入れの返済、テナント費用などがあると、生徒を40以上集めやっと多少利益があるかという程度でしょう。

全国の子供の数を考慮して、塾に通う率を考えると、1教室20名ぐらいと言われているので、生徒の取り合いに勝たなければ、フランチャイズに加盟したからといって、独立開業に成功できるわけではない。

つまり自分で開業してしまうのがベストなのです。実際に、独力で塾を立ち上げで成功している人は結構いますし、私も借家を借り24歳の時に開業しましたが、45万程度の費用をかけたところで、プラスに持っていけました。

スーパーなど、大きなほどいい業界とはことなって、企業塾とは違った需要がそこにはあるので、地元密着型の個人の塾長が独自の色彩で、運営する塾の方が、フランチャイズ塾に勝てますし、収益効率もいいのです。

かくいう、このページ主筆者は、自力で塾を開いて、十数年以上塾経営をしてきたので、近所に出来たFCオーナー塾が生徒を集められずあっというまに閉室していくのを見てきたので、体験に基づいた真実の話です。

FCでは、広告を出すことを要求されますし、統一されたカルキュラムや教材を要求されるので独自を打ち出すのは困難ですし、毎月のコストもかかりすぎるのです。

実際こんな体験がありました。

「うちは、名前だけで生徒が集まるから、募集に力を入れる必要はないんですよ」

これは、新規に塾教室を開いたオーナーが言ったことばですが・・・

その時私は、「あ〜、この人営業マンのセールストークをそのまま言ってるけれど大丈夫なのかな・・・。塾業界の現況を何も分かってないみたいだけれど・・・半年もてばいいほうな気がするな・・・」と思いました。

予想通り、半年後には教室はなくなっていました。3ヶ月たっても、生徒は1人も集まっていなかったのです。

自分で開ける学習塾開業そう、FC教室のネームバリューなどで生徒が集まって、それだけで収益が見込めるなんてことはまずありえないのです。

塾、教室にも色々なパターンがあります、駅前で、大手の塾と対等にわたりあうのは不可能です。また、その必要もありません、個人の地元密着型の塾、教室はその特徴を全面に出して、得意なところで生き残ればいいのです。

何千万、時に何億といった、チラシ競争をする必要は無いですし、超エリート生徒を獲得する必要もないのです。生徒も色々、塾教室も色々、需要も色々なのです。

設備、教室もお金をかければきりがありませんが、そんなことに個人の学習塾が資金を投じる必要はないのです。資金のある企業塾と同じ土俵に上がる必要はないのです。

自宅で始めるならば、10万円ぐらいの資金でも始める事ができます。教室を借りても50〜100万円程度で可能でしょう。

要は、どんな教室を、運営していくかにあります。目的と方向性を間違えなければ大きな失敗はありません。

そして、万が一うまくいかなくとも、小資本自己資金で始めれば、生徒が集まらずに 閉室する場合でも、借り入れなどしなくて済むはずですから、後々まで借金を背負うような自己破産してしまうようなリスクを背負う必要はないのです。


FC加盟などしなくても塾開業ノウハウが手に入ります。↓

塾開業の魅力・副業でも独立開業でもる

本業だけの収入では、やっていけない日本社会の構造になるなか、副業が注目されています。

自分で開ける学習塾開業

副業といっても、雇われる仕事では、いつまで仕事ができるかわかりませんし、収入も少ないと思います。

必要なのは、自力で開業する副業、雇われない副業で、それがあれば、将来の独立開業も、また定年後の収入としてもいいと思います

本業を持ちながらだったら、どうしても在宅や休日にできる副業でなければならないという条件がでてきます。

独立開業の場合でも、いきなり独立開業するのはリスクが高いと感じれば、副業から始めたほうがいいわけですね。

なぜ副業からでもできるのかというと、塾の主たる営業時間が夜間であるという点があります。

電話受付だけ15時からにして、携帯への転送か、電話秘書や家族知人などに、帰宅まで電話対応をしてもらうことができます。

帰宅時間がおそいのならば、小学生の時間帯などはアルバイト講師でもいいでしょう。

自宅を教室にできなくても、本業の給料があれば、アパートや借家などを借りて家賃を払うのも不安はないと思います。

家賃を払う場合、生徒数名入れば、ペイするでしょうし、自宅開業の場合は、生徒一人からでも収入なります。

塾教室はいわば会員ビジネスですから、よほどの事がなければ、毎月の収入の計算は、生徒の数で見込む事ができますし、 月謝は前払いが原則ですから、運転資金に困ることもないでしょう。


FCなどに加盟せずに、自力で開業すれば万が一うまくいかなくなったとき、0に戻るだけならば、何の心配もいりませんが、マイナスになってしまうような独立開業はしてはいけません。

おそらく、ここまで読んだ方は、広告宣伝費が大変だろう・・・それはどうするんだ、と思われると思います。

しかし、企業塾が年間数千万円、中には億の宣伝費をかけて折り込みチラシなどをしているなかで、そこで宣伝競争をしても勝てません。

また、する必要もないのです。実際に、地元密着型の小さな塾がチラシもほとんどまかずに、強く生き残っているのを皆さんの地域でもみかけませんか?

説明会には、宣伝もしないのに、口コミで集まってくる塾もあります。

塾の需要は様々な生徒がや悩みがあるので、色々な需要があるのです。宣伝費を使わずに、生徒を集める方法はいくらでもアルのです。

実際に、私が開業した塾は、定員オーバーで断るほどの需要を生み出していましたから、経験に基づいたお話です。


自分で開ける学習塾何百万というような借り入れをしたり、多額の資金をかけて、失敗した場合、返済が後に残るようなリスクを背負わずに、自己資金で、できるだけ小さなリスクで、塾教室を開業したいならば、自分でできる学習塾独立開業マニュアルをお勧め致します。
しかしその前に、私の独立開業、開塾体験談をお読みください。無料で差し上げています。
右サイドの申し込みフォームお名前とメールアドレスを入れてお申し込みください。ダウンロードのご案内メールが届きます。
PDFファィルですので携帯ではご利用できません。
塾開業立ち上げサポート始めました。事業の設定から、現地での立ち上げ、授業の体験や研修もできます。24歳開塾物語をダウンロードした方にだけ、6日後にご案内している特別サービスです。

自分で開ける学習塾独立開業マニュアル

自分で開ける学習塾■自宅で開く場合、教室を借りる場合の両方を解説しています。
■主として学習塾について書いていますが、PC教室や他の教室運営についても書いています。複合的な教室運営も可能になります。
PDFファイルでダウンロードしてお読みいただけます。

自分で学習塾を独立開業したい方のための塾開業ノウハウです。十数年の独立開業した学習塾の塾長経験もとにまとめたノウハウです。

FCに加盟すると、最低でも加盟数十万円加盟金がかかるか、または加盟金が安くても、半分前後付きの売り上げが取られてしまう様な仕組みになっていることがほとんどです。

それを考えれて頂ければ、この価値を分かっていただけると思います。

開業にかんするサポートも別途行っていますので、実際に、「よし、開業するぞ」という方のサポートもいたします。(下に別途ご案内有り)

自分で開ける学習塾


◆開業前後2ヶ月(計4ヶ月)メール、電話相談サポート付き
限定20名販売価格39,800円 販売終了


◆メールコンサル3回分付き:期限はありません。必要なときに塾開業についてのご相談、ご質問について、私の能力経験の範囲でお答えさせていただきます。原則日曜祭日、その他休業日を除く営業日48時間以内にご返信いたします。
販売価格 24,800円 *全2回の分割払いができます。 販売終了

【期間限定特典】◆開業後生徒10名に達するまで、無料相談(原則メール)サポートいたします。

A4版約78ページPDFファイルにてダウンロード販売となります。
コンサルティング以外のサポートはいつでもメールにて受けます

販売を終了ましまた

■実際の開業前後についてのサポートサービス■

(全ご購入者対象)月額1万円で、メールでのご相談しほうだいサービス(3ヶ月単位)を開始しました。マニュアル購入後でしたら いつでもお申し込み頂けます。ご購入後ご希望があれば早めにご相談下さい。ただしその月のサポート数には限界がありますので、ご了承下さい。