独立開業の始め方

Kindle ダイレクト・パブリッシングで誰でも電子書籍出版できる

こんなに大きな変化がやってい来るというのは早々ないことです。

個人が自費出版するのはとても大変なことでしたが、Kindle ダイレクト・パブリッシングを使えば、誰でも本が出版できるのです。

誰でもというのは、まさしく誰でもなのです。電子書籍にできる原稿さえあげは、その日のうちに、Amazonであなたの本を出版できます。。

スキルだった、本の少しで済みます。なぜならば、Kindle ダイレクトパブリッシングでは、ワードでも作品を電子書籍にできるのですから。

それでいて、登録費用だったかからないのですから驚きです。

さらに、この電子書籍は、アンドロイドでも、アップルでも読むことができます。

iPhoneやiPadで読んでもらうためには、それようのアプリにしなけれなりませんでしたし、アンドロイド系のスマートフォンやタブレットで読んでもらうためには、 アンドロイド用のアプリにしなければなりませなんでした。

アプリにするには、電子書籍といえど、それなりに、プログラムについて知らなければなりませんでした。外注する方法もありますが 結構な費用がかかりました。

それが、、Kindle ダイレクト・パブリッシングで出版すれば、ほとんどすべての端末にタイや牛テープ起こしという電子書籍になってしまうのです。

もちろん、実際に販売される前に、Amazonの審査がありますが、よほど公序良俗に反するようなものや、中身のないようなものでなければ、ヒットするかどうかなんて 関係なく、出版できます。

つまりニッチな市場分野に関する電子書籍でも簡単に、費用をかけず発表できるのです。


興味のあるかたは、「電子書籍のルール―特別集中プログラム」という無料でキンドルでの電子書籍に関する勉強ができるものがあるので登録をお勧めします。


電子書籍を起業に結び付ける

Kindle ダイレクト・パブリッシングの電子書籍の利益は、3割〜7割ですが、電子書籍作家となって印税で暮らすというのも一つの方法ですが、電子書籍は、決して読み物としてだけにとどまるものではありません。

電子書籍を無料で販売することもできることもありますし、ただそれで利益を得るのではなく、それによって、あなたの読者、ファン、さらなるサービスや商品に結びつけるためのサービスとして活用できるのです。

貴方が起業したい分野の電子書籍を作るということで、あなた自身のブランディングか商品やサービスを認知してもらう事にも結び付けることで、大きな起業のチャンスを生み出すことができるのです。

また、Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシングには、コミュニティーも用意されていて、他の出版社などから、いろいろな情報が拾えるのも魅力です。わからないことはここで聞いてみるのもいいでしょう。

後はいかにマーケティングして、たくさん売れるようにするかが、起業につながるが分かれ道でしょう。


興味のあるかたは、「電子書籍のルール―特別集中プログラム」という無料でキンドルでの電子書籍に関する勉強ができるものがあるので登録をお勧めします。


キンドル電子書籍3800円で作成します。

手っ取り早くキンドルで出版したい方のために、作成代行