確定申告の帳簿作り

現金出納帳が必要

業務に必要なお金の出入りだけが分かればいいので、個人の家系の消費に関する通帳は必要ないがので、出来るだけ、独立開業するときには、個人事業であっても、専用の通帳というか、口座を作った方が便利です。


個人事業の場合、屋号+個人名で口座を作る事ができますので、個人事業主として独立開業した場合は、銀行や郵便局で新しく作るようにするといいでしょう。


複数の銀行を利用する場合は、その全ての通帳が必要になってきます。帳簿記入時には、服す絵の講座があるばあいは、現金出納帳は、補助科目というのを設定して通帳の数と合わせるようにします。

タグ

2007年5月11日|

カテゴリー:確定申告の帳簿作り