2009年2月の記事一覧

確定申告書の作成方法、WEB上で簡単に作ろう。

いよいよ今年も確定申告の時期となりましたね。


最近は電子申告も出来るようになって宣伝もされていますが、まだまだ利用する人は少ないようです。


最初の電子申告のみ、5000円ほど控除が受けられるようです。


電子申告はちょっという方は、WEB上で申告書の作成をする機能だけ使うといいと思います。


プリント機能が付いているので、とても便利で、印刷して、郵送で申告ができます。


申告書への筆記だと、間違えたりしたら結構大変で面倒ですが、このWEB上の作業ならば直ぐに数字も替えられるのでとっても楽です。


もちろん計算も自動でしてくれますので、控除額なども正確に出てきて、とても楽です。


独立開業して、初めて確定申告書を作る人にもとても便利です。


解説のヘルプもありますから、たいていのことは理解できてしまいますので、分かりやすいです。


まず、売り上げや、経費分けなどをした帳簿を用意して、税務署のホームページから確定申告書作成コーナーに行きます。


確定申告書を作る前に、事業者、つまり営業所得や、不動産所得などが有る場合は、収支内訳書が必要になるので、そちらを先に作成します。


青色申告だけでなく、白色申告用のものも作れます。


収支内訳書を作ったら、パソコンにデータ保存して、印刷をしておいてから、それを見ながら確定申告書への記入へ進んで行けば簡単です。


提出用途他に控え用も印刷できますので、安心です。
また途中で中断した無ければならなくなっても、データを保存しておけば、またそこからできます。


といっても、アル一定のところまではすすまないと保存できないと思いますが。
また保存したものは来年までパソコンの中でちゃんととっておきましょう。


前年のものを読み込んで、それを元にまた来年の申告書や収支内訳書を作れるので、手間が省けるのです。


電子申告ばかり宣伝されていて、知らない人も多いですが、なにしろ無料で使えますので、手書きでつくっている方は、絶対この方が楽だと思います。


確定申告書作成のベテランの方からビギナーの方までお勧めです。


データは、電子申告で送信しない限り、サーバには保存されず、自分のパソコン内にだけ保存できますので、心配はいりませんね。


有料の確定申告書作成ソフトよりも、無料で印刷できる税務署の申告書作成コーナーの方がいいかもしれませんね。


とくに独立開業まもない人は初めての確定申告で色々大変だと思いますが、是非除いて見てください。

2009年2月 6日|

カテゴリー:確定申告書作り