自宅開業方

自宅開業できるビジネス

自宅開業できるビジネスを具体例を挙げてご紹介してみたいと思います。

自宅で開業するというと、ネットビジネスなどが誰でもすぐ思いつくところですが、アフィリエイトなどのネットビジネスについては、あえてここでは割愛させて頂き、その他の自宅開業が可能なビ゛シネスについてお話したいと思います。

■最新特集◆仕事資格スキル講座特集◆
ガッチリ紹介された在宅の仕事(月収20万越えの在宅の仕事も実在した!!)→まずはスキル、資格の獲得からだ →【デコアート】【テープライター】【賞状書士】他〜等々


自宅開業ビジネス具体例

具体的にどんな自宅開業ビジネスがあるのか、もし多くの例を知りたければ、FC紹介サイトで探してみるのも1つ方法です。FCというと店舗をもった大規模な開業をイメージしますが、実は自宅開業FCもあります。

下ののFC紹介サイトにいって、真ん中あたりにある「こだわり検索」に【自宅開業】という項目があるので、検索してみるといいでしょう。興味のあるものに一括資料請求できるのでとても便利です。

自宅教室ビジネス

まず、自宅を教室として開業するビジネスはどうでしょうか?学習塾や英会話教室、そろばん塾や、楽器教室など、自分の得意分野を利用した教育ビジネスが考えられます。

教室ビジネスは、教室ののコストが一番ネックになりますが、それを自宅でできれば、月謝は前払い制ですし、サービスの提供なので、仕入れなどの資金も入りません、必要になってくるのは、自分では教えられない、または手が足りない部分の講師などのアルバイト費用、人件費などです。

塾開業
自力で開ける塾開業マニュアル

美容健康ビジネス

次に考えられるのが、健康、秒に関するサービスです。ネイルサロンやアロマテラピー、リフレクソロジーなどのサロンをほ自宅開業または、出張サービスとして自宅開業することも可能です。

これらは民間資格なので、自力でスキルを身につけることができれば、そのための費用も抑えられます。教室ビジネスもそうですが自宅の空き室がない場合、増改築やプレハブを建てるなどしてもいいと思います

もちろんその分開業資金はかかってしまいますが、賃貸と違ってあとあとまで自己所有として残るものなので、その違いは大きいと思います。

在宅ワーク的ビジネスビジネス

スキルを身につけて、作業をこなすのならば、「テープ起こし」という仕事もいいと思います。テープに録音されたセミナーや講演などを文章に起こすというもので需要はかなりありますし、素人にも困難なのでデータ入力よりも 仕事を獲得できるチャンスがおおいと思います。

現役テープ起こしのプロが教える「明日から稼げる!テープ起こし実践講座」


■注目の特集→独立開業ノウハウだけを手に入れ、自力で開業しよう!!
ハウスクリーニング・自宅ネイルサロン・便利屋開業・飲食店開業

自宅開業のメリット

自宅開業のメリットはなんといっても、会社員や主婦でも空いた時間を利用して、仕事が出来ることです。

また実際に自宅開業で独立する場合、一番資金とコストがかかるであろう、店舗、営業所、事務所経費が殆ど必要ないと言うことです。

従って少ない資金でも自宅開業ならば起業、独立が可能なことになり、独立後かりになかなかうまくいかなくとも、経費がかからない分、なんとか継続していけることになりますので、成功への確率も高くなっていく訳です。

自宅開業のデメリット

自宅開業にデメリットはなさそうに見えますが、実は、欠点も存在します。

それは、どんなビジネスでも、その成長の段階にもよりますが、提携先との打ち合わせ、ハートなど従業員を雇う場合、それらの必要が生じた時も、自宅に来てもらわなければならないということで、家族にも迷惑をかけたり、私生活までビジネス相手に見せてしまうことになるというデメリットです。

ただ、これは回避する方法もあります。現在は、レンタルオフィスといって、小さな間仕切りスペースを月数万円程度で借りる事ができます。たいていは駅前などのべんりな立地にあり、貸し会議室など打ち合わせできる拾いスペースも用意されています。

またねもっと経費を抑えたければ、机だけ占有の共同スペースを借りて、必要な時だけ会議室などを時間で借りるなどすれば、自宅開業でも来訪者がある場合は、そちらで対応できますし、こういうレンタルオフィスは登記もできますし、受付サービスもありますので、自宅開業でも、そちらの住所を開示しておけぱプライバシーをある程度守ることも可能です。