リセールライトビジネス

リセールライト商品は再販売権利付き

リセールライト付き商品とは、購入した者が自分でもその商品を販売する権利を獲得できるというものだ。たいていネットビジネスに関するツールソフトやイ−ブックなどが主流である。更にマスターリセールライトとされているものは、販売権利をつけて、販売する事ができる。

リセールライトは、その販売もとかん購入した者しか販売権利を取得できないが、マースターリセールライトの場合は、との販売者から購入しても再販売する事ができることになる。どちらも無限に販売者が増えていく事になるが、そのスピードは加速される。

リセールライト商品は自分で販売価格を決めて販売でき、その100%を自分のものにできるので、利益率は高い。但し、最低販売価格が定められている場合もあるのでその店は注意が必要だ。また中には、無料配布も有料販売もOKという商品もある。これらの方法を使えば、簡単に商品を手に入れる事ができるので、独立開業に利用するよい方法となるだろう。

■注目の特集→

毎日30分の作業だけで、月10万円は稼げるのか?
よくあるアフィリエイトなどの情報商品の誇大 広告みたいですが・・・その真実はいかに!?

リセールライトの利点と欠点

商品の最初の提供者にとっては、早く商品が広まるので、知名度を確保するにはちょうど良い方法だ。情報起業や、ツール販売で独立開業するときに、知名度がない場合にはこのほうほうで早く商品と名前を広めるというのは1つの選択肢だろう。もちろん、販売者が増えるので、自分の利益はかにり削られるし、販売者が増えるほど価格下落は加速する。

そう、この方法はあっというまに価格下落を招く。たいてい手に入れたものは、少しでももとをとろうと、他人より安く売ろうとするからだ。セールストークとしては、「1つ売れば元がとれます」とできるので、販売者にとっては売りやすいが、直ぐに広まるので、供給過多になるのが早い。つまり販売者として利益を上げるには、早くその商品を手に入れた方がいいわけだ。

リセールライト商品で稼ぐには

いちはやく商品を手に入れることはもちろんだか、それだけでは、利益にはならない。あっというまに価格が下落するからだ。だれだって同じ商品ならば安い方を買うのだから。そこで人より一工夫が必要だ。価格ではなく、商品数や特典で独自の付加価値を付けるのだ。そのSHOPで購入すると、次回割引券がもらえるなどの購入得点や、その商品をより有意義に使うためのノウハウイ−ブックをつけたりするのも良いだろう。

またボーナス商品をつけたり、セット商品にしたり、自分の独自の特典を、他人にまねできないような付加価値をつけて販売すればいいのだ。これを賢く行えば、独立開業ビジネスとしてアフィリエイトなどよりずっと簡単に大きな利益を上げる事ができる。

作業量もアフィリエイトドロップショッピングなどよりずっと少なく楽で、1つ販売するごとの利益率もとても高いものになる。ツールなどが多いので、仕入れる際にサポートもつけてくれる販売者から仕入れるといいだろう。

主なリセールライト商品

情報起業やアフィリエイトビジネスをする人に欲しい機能を用意してくれるツールが多い。つまり、金鉱を掘って儲けようとしている人たちに、つるはしやランプなど必要な道具を提供して儲けるしたたかなビジネスである。

実はちらの方が簡単なのだ。独立開業を目指すならば、自分が儲けるという視点だけでなく、儲けようとしている人に儲ける道具を売るということも必要だ。情報起業が、儲けたい人にノウハウを提供するのと同じ視点といえるだろう。