独立開業の始め方

独立開業のためのビジネスを考える

まずは、自分がどんなビジネスで独立開業したいのかを選択する必要があるでしょう。

当サイトの独立開業ビジネスで色々なビジネスについて研究してみてください。

次にその検討したビジネスについて、どれぐらいの資金がいるのか、脱サラしてから始めるのか、それとも副業から始めるのか、それぞれビジネスによって独立開業までの課程は異なると思いますので、そのへんを検討してみましょう。

またノウハウから商品、サービスまで独立開業のためのビジネスを提供してくれるフランチャイズ加盟という方法もありますね。


■最新特集◆無料セミナー特集◆
ガッチリ紹介された在宅の仕事(月収20万越えの在宅の仕事も実在した!!)→まずはスキル、資格の獲得からだ →【デコアート】【テープライター】【賞状書士】他〜等々

■注目の特集1脱サラコンビニ開業
■注目の特集2アフィリエイトで独立開業できるか?

開業の形態を考える

ビジネスによっては、法人にならないと取引上うまくいかないなど、どうしても法人化する必要があるかもしれません、そうでない場合は、売り上げに対する税金のことを考えて、個人事業主が法人かを選択すべきでしょう。売り上げがすくないと、法人化するメリットはありません。消費税や、法人税など、どのぐらいの売り上げ、どのぐらいの利益になったら、法人化したほうがよいのかを検討してみてください。開業資金と事業融資のページや個人事業主合同会社設立などのページを参考にしていただければよいと思います。

資金を考える

殆ど開業資金のかからないものあります。必要な場合は、独立開業までの期間を決めてその間に出来るだけ資金を貯めるようにしましょう。借り入れをするにも、ある程度自己資金が必要です。また、営業していくなかで、ある程度の期間売り上げが上がるまでの経費分をよく考えておきましょう。計画通りに行かないことのほうがおおいのが独立開業なので、いつも悪い方の想像を働かせて、楽観的に計画ではない資金計画をたてましょう。運転資金も余裕を持って確保しておきましょう。資金や融資については、独立開業と確定申告のページを参考にしてください。(国民生活金融公庫について)

独立開業を支援してくれる団体にも注目

 

起業の支援をしてくれる、そんな団体を使わない手はありません。 起業したいけど、名刺に自宅の住所書きたくないし、名刺を作るお金も惜しい!でも、すごいアイデアがあります!という場合、大抵は住んでいる町や市で、起業資金の援助をしてくれます。企画書や意気込みを持参して、ぜひ助成金をゲットしましょう。

また事務所として使えそうな、机一個とパーテーション程度の場所だと、月1万〜程度で各地方の商工会議所で借りることができます。

特に地方では、60歳以上の定年後起業に、地方の活性化の夢を託して支援を歌っています。起業にあたり、登記や決算、税金、保険、大きく風呂敷を広げれば、たくさんやるべきことがあります。いちいち自分が勉強してやろうとしていたら、何年先になるかわかりませんね。こういうときは、それぞれの専門家に依頼しましょう。人を使うことは、企業家となるあなた、新社長の仕事はじめです。起業を支援してくれるような情報もくまなく活用してこそ、順調な会社のスタートと言えるでしょう。 (女性起業家支援について)