農業や介護ビジネスについて考えてみる:フランチャイズ代理店選び|独立開業・起業のための情報館

農業や介護ビジネスについて考えてみる

どうせ独立開業するのならば、少子化、人口減少で需要の減る業界への参入でなく、これからも需要が伸びそうな業界への参入がいいと思います。

少し前までは、介護保険制度ができて介護ビジネスへの参入が注目されましたが・・・

現在の状況を見てみると、介護施設の運営はかなり厳しい状況となっています。

今注目されているのは、農業ですが、果たして将来的にどうでしょうか?

ビジネスモデルがよければ、なんとかいけそうな気がしますが・・・

まだまだ農地の取得に関する法整備などが制限がおおく、農家でない人が起業して農業をはじめるには色々と越えなければならない壁がありそうです。

まあ、その前に、農業自体の大変さを少しでも経験するために、家庭菜園などに取り組んだ方がいいと思います。

脱サラして農業で独立開業を希望する人は結構いるみたいですが、経験してその大変さを知ってからでもおそくはないでしょう。
FCについて考えると、介護ビジネスについては、介護施設の運営に関す目ノウハウなどを提供するフランチャイズなどは存在しています。

ただ農業については殆どみかけません。

ただ全くないわけではなく、室内栽培とせっとで、ノウハウから栽培方法設備の構築などを手がける企業もあります。

キノコの栽培をするシステムなどでみられます。工場栽培のような建物とせっとでのノウハウの提供をしているようです。

そうとうな費用はかかりますので、融資を受ける必要があります。

農業ですと、国の融資やJAを通じた融資ぐらいですが、工場栽培となると、民間の金融機関の事業ローンも場合に酔っては受けられるようです。

一番いいのは農業就業支援に関する補助金を受けることですね。

45歳くいまで拡充されているようです。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

タグ

2009年9月 2日|

カテゴリー:独立とビジネス