独立後の継続と踏ん張り:フランチャイズ代理店選び|独立開業・起業のための情報館

独立後の継続と踏ん張り

独立開業後、必ずビジネスには並があると思います。

売り上げが伸び順調な年もあれば、その逆もあります。

重要なのは、順調だった年こそ、そこで得た利益は、出来るだけ積み立てておいて、浪費しないことです。

次の年も拡大成長するとは限らず、逆に落ち込む事がありえるからです。

資金難に陥ったときも蓄えが有れば乗り切れます。

人庁に事業がいっていても、取引先からの代金の回収が遅れたりして、運転資金がショートすることもあります。

そんなときでも、余裕資金があれば楽にしのげます。

まちがっても、安易に、消費者金融などの高利のお金を、短期だからといって事業のために借りるべきではありません。

最近は、30日間無利息などという、便利な無利息キャッシングなどもありますし、インターネットで即日申し込みできるネットキャシングなどとうものもありますが・・・

入金の日時に絶対はありませんので、思わぬ金利で長く返済しなければならなくなることもあります。

どうしても、資金がたりず、つなぎ融資が欲しいときでも、できるだけ金利の公的機関の事業ローンを組むようにしましょう。

高利のビジネスローンなどを借りやすいからといって簡単に借りると事業をあやうくしてしまうことになりかねません。



通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

タグ

2009年8月28日|

カテゴリー:独立開業スタイル