デメリット:フランチャイズ代理店選び|独立開業・起業のための情報館

デメリット

フランチャイズによる独立開業のメリットとしては、既に社会的な信用や知名度があるため、ローコストで経営ができる点や、ノウハウやマニュアルが完備されているため、未経験者でも安心という点を挙げることができるでしょう。


このようなメリットに対して、フランチャイズによる独立開業のデメリットとしては、どのようなことが考えられるでしょうか。

フランチャイズによる独立開業のデメリットとしては、フランチャイジーは、本部であるフランチャイザーに、
一定の対価(ロイヤリティー)を支払わなければならないので、ローリターンな経営になってしまいがちな点が挙げられるようです。


このほかのデメリットとしては、フランチャイジーの独自性やアイデアが制限されてしまう点や、途中解約の場合にはペナルティーが課せられるなどの点も、挙げられるかもしれません。


フランチャイズによる独立開業をお考えの時には、このようなデメリットと、ローコストで安心というメリットをよく比較し、検討してみてください。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

2007年3月 7日|

カテゴリー:フランチャイズの特徴