ローリスクの理由:フランチャイズ代理店選び|独立開業・起業のための情報館

ローリスクの理由

独立開業の方法の一つとして、「フランチャイズ」という方法があります。

フランチャイズによる独立開業には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

フランチャイズによる独立開業の一番のメリットは、「ローリスク」だと言われています。

ローリスクである大きな理由は、フランチャイズの場合、新たに全く新しい事業を始めるのとは異なり、「フランチャイザー」と呼ばれる本部や、「フランチャイジー」と呼ばれるそのほかのフランチャイズ加盟店の実績によって、既に社会的な信用や知名度を得ているからだと言えるでしょう。

このほか、フランチャイズ経営のローリスクの理由としては、それぞれのフランチャイジーのデータをフランチャイザーが分析して経営戦略を立てているため、正確で無駄がないこと、

また、原材料をまとめて仕入れたり、少ない費用で宣伝や広告をすることが可能なため、コストダウンができることなどが挙げられるようです。

ただし、独自のくうふなどを本部の許可無しに勝手に取り入れるなどはできないという点もありますし、

またたいていの場合、最初の資金が大きくかかるので、その場合、失敗したときの痛手リスクにおいては大きくなるかもしれません。

開業資金が自己資金だけならば問題ないと思いますが、ビジネスローンなど融資を受けての開業になることがフランチャイズ起業では多いからです。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

タグ

2007年3月 6日|

カテゴリー:フランチャイズの特徴