自宅開業の必要性を説いてみる:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

自宅開業の必要性を説いてみる

今まで独立開業を考えていなかった人も、本当にこのまま会社員で大丈夫なのか・・・そんな漠然とした不安を抱くことはないでしょうか?

もちろんだからといって、今の給与収入を捨てる脱サラなんて考えにはいかないと思いますが・・・

公務員でもない限り、終身雇用、年功序列が完全に崩れてしまった今、実力や、派閥、運などで上にいけるかそうでないかは、格差の広がりつつある日本では

大企業にいても、それはそれなりに不安を抱くでしょう。生涯会社に定年まで安泰でいられないかもしれないという不安は誰でも生まれてくるのが日本の現状だと思います。
それが中小企業以下の社員ともなれば、賃金は上がらない、将来もどうなるかわからない。

定年後の年金の支給額は減り、また支給までの年齢の引き上げが今後行われるかもしれない。

増税やいつはじまるともわからない、円安への不安など、考え出せばきりがないほどのリスクがそこには眠っています。

そんななか考えることは、別の収入源を持つこと。

脱サラ独立開業は夢を見る人もいるでしょうが、実行までは至らないのがこの時代のリスクを考えると当然でしょう。

しかし絶対、収入に保険をかけておかなければならないと考えれば当然の方向が副業により収入を持つこと。

それでいいと思います。独立開業は常に副業の成功者の延長線上にあるわけではありませんが、独立開業にはとても強い意志と労力、リスクが求められますから、

沢山の不安を抱える人のいくつく先として独立開業としても、それが副業から到達した結果に過ぎないとしてもいいのだと思います。

そしてそれはコストや時間を無駄にしないための結論として自宅開業方法が選択されるべきだと考えます。

自宅でビジネスができれば、いろいろなコストを削減できます、自宅ゆえのデメリットがあるとしても、それを補うだけのメリットがあり、副業としての延長線上での独立開業はそこかにのスタートが理想だと思われるのです。


推薦サイト:独立開業夢を叶えるためのビジネスアイディアや独立に必要な情報まとめられていて役立サイトです。
http://www.resaler.biz/


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

タグ

2012年1月20日|

カテゴリー:独立開業事始め, カテゴリー:脱サラ独立