会社の「商号」:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

会社の「商号」

法人で独立開業する場合、会社の設立の時に、まず第一に、「商号」を決めるところから始めましょう。


商号と言うとわかりにくいかもしれませんは、つまり、設立する会社の名称、会社名のことをいっています。

この商号は、定款に一番最初に記入されるものであり、定款の絶対記載事項なので、決めてからでないと定款作りができませんし、会社にとって、それだけ重要なものだとも言えるのではないでしょうか。


独立開業のために起業し、会社を設立する時には、会社の商号は、よく考えて決めましょう。


商号は、会社のイメージを伝えるものとして、非常に大切だと考えられるからです。


類似商号で登録できないという規定はなくなりましたが、やはり自分のブランドを築くわけですから、独創的なものの方がいいのではないかと思います。


起業し、会社を設立する際に、会社にふさわしい商号を考えることは、会社設立のための一番最初の、そして一番大切な作業だとも言えるのではないでしょうか。


おすすめ情報サイトはこちら

独立開業方法・独立夢辞典にもビジネスや資格、開業資金、会社の設立から、確定申告など、独立開業成功に役立つ情報があります。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

2007年3月 2日|

カテゴリー:会社設立