定款の内容:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

定款の内容

独立開業するために、法人で開業会社を設立するためには、会社の法律とも言うべき定款というものが必要になってきます。


定款の内容は、会社名・会社の目的・会社の住所・資本金の額・発起人・役員の6項目です。

定款という言葉を聞くと、難解なイメージがあるかもしれませんが、このように、定款の内容は、ごく一般的な必要事項だと言えます。


会社名や目的などは、独立開業のために起業を考える時に、既に決まっていることが多い事項だと思われます。


逆に、これらの定款の項目の内容がはっきりしていないようであれば、独立開業のための起業として会社を設立すること自体、難しいと言えるのではないでしょうか。


ですので、会社の設立に対するしっかりした考えさえあれば、定款作りは決して難しいものではないと言えるでしょう。


ただ定款には絶対的記載事項と任意的記載事項がありますので注意してください。


新株式会社についてのページ、合同会社についてのページも参考にしてください。


おすすめ情報サイトはこちら

独立開業方法・独立夢辞典ではビジネスや資格、開業資金、会社の設立から、確定申告など、独立開業成功させるために必要なことなどがまとめられています。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

2007年3月 1日|

カテゴリー:会社設立