会社設立に必要な「定款(ていかん)」:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

会社設立に必要な「定款(ていかん)」

独立開業の際、法人として、会社を設立して、起業する方法について、説明しましょう。


独立開業のために起業する場合、会社を設立するためには、まず最初に、「定款(ていかん)」の作成をすることが必要です。

定款とは、会社にとっての「法律」であり、いわば会社の設計図とも言えるものです。


「株式会社」の場合は、定款の承認を受けることで、初めて、株式会社として認められますので、定款は必ず必要なものだと言えます。


定款という言葉にあまりなじみがなく、難解なイメージを持つ人もあるかもしれませんが、決まり事に従えば、定款作りは、それほど難しいことではありません。


独立開業のために起業を考える時には、まず、定款について、きちんと理解することが必要だと言えるでしょう。


新株式会社についてのページ、合同会社についてのページも参考にしてください。


おすすめ情報サイトはこちら

独立開業方法・独立夢辞典ではビジネスや資格、開業資金、会社の設立から、確定申告など、独立開業成功させるために必要なことなどがまとめられています。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

タグ

2007年3月 1日|

カテゴリー:会社設立