会社経営上の役員等の就任承諾書:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

会社経営上の役員等の就任承諾書

会社に、取締役や監査役がいる時には、登記申請の際、「就任承諾書」を法務局に提出する必要があります。


ただし、会社の定款に、取締役及び監査役の選任に関する記載があれば、就任承諾書の提出は不要です。

就任承諾書は、会社の発起人会議で、取締役または監査役に選任され、就任を承諾したことを、選任された本人が認めることを明記した書類です。


定款の認証後に取締役や監査役が決定した場合などで、定款に、取締役及び監査役の選任に関する記載がない場合は、必ず就任承諾書を法務局に提出しなければなりません。


会社設立をして、独立開業される方は、会社の運営には、事業そのものの業務以外の色々な業務が有ることを知っておいた方がいいでしょう。


会社を運営するのは意外と雑務、事務処理が発生することで時間がとられることが理解できるでしょう。


当サイト一押しサイトはこちら:独立開業方法・独立夢辞典にもビジネスや資格、開業資金、会社の設立から、確定申告など、独立開業成功に役立つでしょう。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

2007年4月10日|

カテゴリー:会社設立