株式総数の決定:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

株式総数の決定

株式会社を設立することになったら、株式の総額と割り当てを決めなければなりません。


この際、守らなくてはいけないことは、設立する会社の発起人は、必ず1株以上を引き受けて、株主となる必要があるということです。

発起人が引き受ける株式は、1株以上なら、上限は幾らでも構いません。


一人起業ならば、独立開業する本人が発起人であり、全株主であることになりますね。


また、新会社法の制定以前は、会社設立時の定款に「発行可能株式総数」を絶対に記入しなければなりませんでしたが、新会社法では、発行可能株式総数は、会社が成立するまでの間に決めればよいことに変更になっていますので、株式会社を設立して独立開業することをお考えの人は、覚えておきましょう。


もっとも、株式の総数と割り当ては、独立開業する場合、株式会社を設立するのでしたら、必ず決定しなければならない事柄なので、なるべく早めに決定しておくことをお勧めします。



情報サイト案内:独立開業方法・独立夢辞典にもビジネスや資格、開業資金、会社の設立から、確定申告など、独立開業成功に役立つでしょう。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

2007年3月30日|

カテゴリー:会社設立