印鑑証明書:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

印鑑証明書

個人事業開業する場合は、必要ありませんが、会社を設立をする時には、印鑑証明書が必要です。


印鑑証明書は、独立開業、起業する会社の定款の認証の際だけでなく、出資金の払い込みや登記の際にも必要になりますので、必要な枚数を確認し、事前に用意しておきましょう。

印鑑証明書は、市役所および区役所・各支所・出張所・連絡所・市民サービスコーナーなど、市の機関で受け取ることができます。


市町村によっては、郵便局や公民館、農協などでも、印鑑証明書を受け取ることができる場合もあります。


場所によっては、必ず本人が受け取りに行かなければならないなどの規定が設けられている場合もあるようですので、確認しておきましょう。


印鑑証明書の受け取りの際、必要なのは、印鑑登録証と手数料、また、運転免許証や健康保険証など、印鑑証明書を取りに行く人の本人確認ができる書類です。


会社の定款認証などに印鑑証明書を使用する時は、作成後3ヶ月以内の印鑑証明書でなければなりませんので、注意しましょう。


法人化するかどうか関係なく、独立開業する前にもし、印鑑登録をしていなかったら、あとあと不便なこともありますので、独立する前にしておくといいでしょう。



おすすめサイト情報:独立開業方法・独立夢辞典にもビジネスや資格、開業資金、会社の設立から、確定申告など、独立開業成功に役立つ情報があります。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

2007年3月22日|

カテゴリー:会社設立