事業目的:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

事業目的

独立開業で会社の設立を考える時には、定款を作ることが必要ですが、定款には、会社がこれから行う事業の「事業目的」を記入しなくてはなりません。


独立開業するのですから、ある程度、どんなビジネスで収益を上げていくのはきめていると思いますので、ここで悩むことはないとおもいますが、会社の設立には事業の目的というものを文章で明記する必要があるのです。

独立開業したら、色々なビジネスを幅広くやっていくからと考えているかもしれませんが、定款に記載する際の事業目的は、曖昧で大雑把な表現では、認めてもらうことができません。


定款に記載する事業目的は、具体的で、誰が見たとしてもすぐにわかる内容でなければならないのです。


会社を設立し、商取引を行い、収入を得ようとしているのですから、その事業目的についても、具体的に表現できるようにしておく必要があるのです。


つまり定款に定めていない事業目的で商行為を行うのは、定款違反となるので、とても重要な表記となるのです。


おすすめサイト情報:独立開業方法・独立夢辞典にもビジネスや資格、開業資金、会社の設立から、確定申告など、独立開業成功に役立つ情報があります。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

タグ

2007年3月 5日|

カテゴリー:会社設立