会社の商号の文字:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

会社の商号の文字

独立開業、起業する場合、会社の設立を考える時には、まず、会社の商号を考えなければなりませんが、表記の仕方にも注意を払ってください。


会社の商号を決める際には、幾つかの注意点がありますが、使用される文字についても、決まり事がありますので、注意しなければなりません。

商号には、ひらがな、カタカナ、漢字、ローマ文字が使用できます。


以前は、ローマ文字の使用は認められていなかったのですが、平成14年の「商業登記規則等の改正」に伴い、認められるようになりました。


また、記号では、(「&」アンド「'」アポストロフィ「,」コンマ「-」ハイフン「.」ピリオド「・」中点)が使用できます。


このほか、ローマ字を使って複数の単語を記入する時などには、間に「 」スペースを入れることも可能です。


ただし、記号やスペースの使用が認められているのは、単語を区切る時だけに限定されています。


商号の先頭や、商号の末尾には、記号を使用することはできませんが、例外として、「.」ピリオドは省略を表す意味として、末尾にも使用することができます。

このように、商号の文字には、細かい決まり事がありますので、会社の商号の文字選びのときには、この点を頭に入れて、決めるように注意しましょう。


独立開業前と独立開業後では、文字の表記について異なる感覚ができるかもしれません。


こんなに大きく会社がなるとは思わなかったから・・・なんていうこともあるかもしれませんよね。


まっ定款変更ということもできますが・・・どうせならばグローバルに使える表記の方がいいかもしれません。


ドメイン取得などを考えると、アルファベットは便利だと思います。


おすすめサイト情報:独立開業方法・独立夢辞典にもビジネスや資格、開業資金、会社の設立から、確定申告など、独立開業成功に役立つ情報があります。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

2007年3月 4日|

カテゴリー:会社設立