少子化時代の独立開業ビジネスを考える:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

少子化時代の独立開業ビジネスを考える

少子化で、人口が減っていくことが確実な、日本のマーケットで独立開業ビジネスを始めるのならば、人口減=需要減での独立開業プランを考えなければならないでしょう。


これまでの日本のビジネスモデルの大半は、質の用物を安く売る事にありました。

質の高い均一物を大量生産して価格を下げ、そして薄利多売で稼ぐというものです。


すでにグローバル貸している企業にとってはそれを続けて行っても、世界的な需要は増えるわけですから構わないのですが、個人で、これから国内で起業していこうという物にはちょっと困難なビ゛シネスモデルであるわけです。


そこで新しいビジネスモデルを考えると、需要減で国内の成熟したマーケットでは、質が高いだけでなく、個性的な物であることが求められて来ると思います。


個性的で質が高く長く使えるものであれば、少々高くても購入意欲があるという方向へ向かっているのではないかと思います。


つまりこれからは、既存の商品やサービスを売るような独立開業の場合、価格競争そうをするのではなく、他にないデザインととか、サービスとか、個々の商品を制作するのに手間がかかったとしても、より個性的な商品を作り、底に付加価値を付けた価格で販売することが賢い選択ではないかと思います。


それを考えると、より個人のオリジナリティを生かした起業ができる可能性が高まるわけで、少子化、人口減少の中では、以外と個人の独立開業の可能性が広くあいているのではないかと思えます。


但し、何も考えない、オリジナリティーのないものでは、独立開業しても長くはつつかないのではないかと思います。


当サイト一押しサイトはこちら:独立開業方法・独立夢辞典にもビジネスや資格、開業資金、会社の設立から、確定申告など、独立開業成功に役立つでしょう。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

2008年8月 1日|

カテゴリー:ビジネスアイディア