ビジネスアイディア

アマゾン「Kindle Fire」の発売で、電子書籍ビジネスで独立する人が出てくるだろう

日本でもいよいよ、アマゾンの電子書籍端末、また電子書籍端末にも使える、タブレットPCが発売されることになりました。

今までは、海外版を購入するしかありませんでしたが、iPadや、他のタブレットよりずっと安い価格で手に入れられるタブレットはキットヒットすると思います。



このことは、きっと、電子書籍出版で成功する起業家を生み出すのではないかと思います。

すでに、海外では、プロの作家でもないずぶの素人が、この電子書籍を販売し、大成功を収める事例がでてきています。

2013年の今、日本でもそれが起きようとしているのです。

これに注目しない手はないでしょう。

タグ

2012年11月15日|

カテゴリー:ビジネスアイディア

レンタルキッチンカーで屋台ビジネスを試してみてはどう

屋台ビジネスって魅力的ですよね。

飲食店の店舗しを取得するのは、簡単なことではないですが、屋台だったら手軽に始められますからね。

屋台というと、自転車で引くリヤカーみたいなものですが、今風でいえば、キッチンカーという移動販売できるものがいいでしょう。

しかしキッチンカーともなると数百万はかかるでしょうし、中古でも結構するでしょうから、まずレンタルキッチンカーというもので、試してみてはどうかと思います。

売れるかどうかわからないものを先にキッチンカーを用意して売って失敗してしまったら、結構な痛手ですから、まずはれたんるキッチンカーで市場調査をしてからがいいと思います。

タグ

2012年3月 6日|

カテゴリー:ビジネスアイディア, カテゴリー:独立開業事始め

プログラマでない人が、スマートフォン・アプリビジネスに参入する方法

スマートフォンがどんどん伸びていて、スマートフォンアプリのダウンロードも伸びています。

スマートフォンは、バーチャルの世界でしか、アクセスを伸ばせなかった、インターネットを外に持ち出すビジネスに広がっています。

ゲームを使って、そこへいかなければゲットできないアイテムなどで、人を集めるツールとなっているのです。

ゲーム感覚で、イベントやお店に、人を集めてしまうというツールは今までなかったわけで、いろいろなビジネスがどんどん誕生してくるでしょう。

タグ

2012年2月21日|

カテゴリー:ビジネスアイディア, カテゴリー:脱サラ独立

被災者へのこころのケアをビジネスに乗せて継続することも大切だ

被災地ではまだまだ、避難生活がつついています。

それは仮設住宅に入ったとしても同じ事です。

福島でも原発事故がまだ何年もかかりそうな気配です。

避難生活が長くなるほど、今後の事が心配になる、人が続出しますし・・・

地震津波の精神的なダメージは、大人から子供まで今後沢山出てくると思います。

時間がたつほど、子供達の精神多岐なケアが必要になってくるでしょう。

タグ

2011年6月22日|

カテゴリー:ビジネスアイディア