脱サラが先か副業から独立か:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

脱サラが先か副業から独立か

リスクを抑えるということを考えれば、何も無いところから脱サラ、独立するよりも、ある程度副業として行っておきながら、独立までもっていくというのが理想的ではあります。


しかし、いきなり独立するのと、副業から始めるのどちらがいいとも実は言えません。

それは、結局会社員をしていれば、週末や帰宅後の時間しか利用できないため、時間的に負担をかけますので、結局、会社も副業もどっちつかずということになる人がおおいのです。


残業などで、帰宅が深夜に及ぶこともあるでしょうから、よほど気力がなければ、副業まで手が回らないのが普通です。


もし、家族、配偶者などが一緒になって、副業ができるのであれば、それを継続育てて独立までもっていくのは、より楽になると思います。


自分で作業しての副業というのは、そうは続けられないでしょう。


ただ、給与があるので、経費として使えるわけですから、自分の手をかけずに、殆どのことを外注するようにすることができれば、副業として継続する事はできると思います。


つまり結局は、独立しようとするビジネスの種類によって、副業からでもできるのか、それともいきなり独立するしかないとかという違いが出てくるので、何をビジネスとして選ぶのかであるといえます。


どうしてもやりたいビジネスがあるのならば、それが副業からできるのか、脱サラしてからでないとできないのかは関係なく、そのビジネスで独立を目座せばいいのです。


逆に独立する事が目的で、副業からできるものでなければ、リスクが怖くて脱サラなんてできないというのではあれば、副業から始められるビジネスを探せばいいことです。


つまり、独立とビジネスの選択のかねあいで決まってくるので、必ずしも副業からできるものでなければならないというわけではありません。


そして副業からが理想というのは、独立後、失敗したときのリスクを減らすための事ですから、副業からでなくとも、リスクの高くないような方法であればいいのです。


リスクとは、失敗したときの再起です。


一度で成功するとは限らないのでも再チャレンジがなるべく早くできるような状況で独立し、うまくいかなければ廃業できるということです。


成功出来なければ、二度々、起業ができないような、大きなリスクをかかえた独立は、ただのギャンブルに過ぎないので、そうなるような場合は、副業から売り上げ実績を積んでといういみで、言っているに過ぎません。


当サイト一押しサイトはこちら:独立開業方法・独立夢辞典にもビジネスや資格、開業資金、会社の設立から、確定申告など、独立開業成功に役立つでしょう。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

2008年8月 8日|

カテゴリー:独立開業事始め