営業力を付けることが独立の成功につながる:独立開業情報ブログ|独立開業・起業のための情報館

営業力を付けることが独立の成功につながる

もし物やサービスを小売りするビジネスで独立開業をするのでしたら、とうぜんの事ですが、営業力が独立成功を大きく左右することになりますね。


一人起業では、自分しかたよる物はいませんから、どうしたって事業主である自分に営業力が必要に鳴ってくるわけです。

では営業力について考えてみましょう。


営業とは、顧客に商品を購入してもらうにはどうしたらいいのかを考えることにあります。


そのテクニックは、他人から学ぶだけでな、自分独自の方法を考える必要もあるでしょう。


よくあるパターンとしては、営業マンの中には玄関先に居座ってでも「しつこい営業」をして、無理やり商品を買わせるような人もいます。


確かに営業職は会社の利益がかかっているので、手段を選ばず、あらゆる方法で商品を売り込むこともあるわけです。


なぜなら営業としては当然「売りたい」からで、雇用者ならば、ノルマが厳しく、プレッシャーに負けて、営業職を離れていく人もたくさんいます。


ししかし仕業主は、自分が逃げる訳にはいきませんね。


会社は営業職に対し、成果をあげれば、その分の給料を支払う「歩合制」を適用しているところがほとんどですが、事業主は自分の生活、独立開業の成否がかかっているわけですから、時に強引なことをしてしまうこともあるかもしれません。


ただ長い目で見て、強引な営業で売り上げをあげていても、所詮はどこかで躓きます。


場合によっては、消費者センターに苦情が及んでしまうかもしれません。


せっかく独立開業するのですから、自分が本当に心底自身をもって売れる商品でなければ、単なる押し売りになってしまう可能性は高くなります。


有また自分には営業はできないからと、能な営業マンを雇って、強引に売るのも、いいかもしれませんが、逆に長い目で見て、会社のマイナスイメージを付けることになるかもしれません。


まずは、自分が本当によいと思う商品を事業にすること、そして、売ることで相手にも満足感を与えられる商品を提供できるようにすることが、営業方法の前に重要だと思います。


営業でははいかに自分の売り込む商品の魅力を伝え、お客に買いたいと思わせる話ができるか日々研究しているわけですが、それは前述したような前提があってこそ、成功に結びつけられるのだと思います。


まずは、自身のある商品を揃えたり、自ら作ること、そして自分が作る方は得意であっても、営業は苦手という場合は、独立開業前に、営業の得意なパートナーを見つけることも必要でしょう。


通信講座をお探しならこちら
■注目の特集→アフィリエイトで独立開業できるか?

2008年5月22日|

カテゴリー:独立開業事始め