独立開業ビジネス

どんな独立開業ビジネスを選びますか?

現在の仕事を辞めずに独立開業を目指すならば、自宅でできるビジネスしかないですよね?週末社長なんてのも一時期はやりましが、週末だけっていうのは、結構やれるるビジネスは限られて来てしまいます。

自宅で、仕事から帰って来てからできるビジネスと考えたとき、たぶん真っ先に浮かんでくるのがネットビジネスだと思います。

確かにネットビジネスは、他人と直接関わらなくともひっそりと出来るアフィリエイトビジネスのようなものもありますし、必要なやりとりは、メールだけですませられるオンラインショップなども考えられます。

しかし、オフラインが中心のビジネスでも、常時電話がとれるような状態でなくともできるビジネスもないことはないですね。当サイトでもご案内しているビジネスなどを参考に、あなたにあった独立開業ビジネスを見つけてください。

■最新特集◆無料セミナー特集◆
ガッチリ紹介された在宅の仕事(月収20万越えの在宅の仕事も実在した!!)→まずはスキル、資格の獲得からだ →【デコアート】【テープライター】【賞状書士】他〜等々

ネットビジネスにむく人はどんな人?

インターネットビジネスに向く人は、一概にはいえないですが、たぶんこつこつとスキルを身につけていける人だと思います。

情報起業や会員制、スクール制のネットビジネスだと、必ずセミナーなどを開きますから、人前で話すのが好きで、ちょっとしたカリスマがある人の方がむきますが、アフィリエイト系で、基本的に自分と、目に見えない訪問者あいてのビジネスでしたら、黙々とPCを前に作業していても苦ならない人が向くと思います。

特に初心者の場合は、継続して色々なスキルを身につけていかないと、全く収入にならずに、2〜3ヶ月で挫折する事が多いので、ホームページの作り方や、SEO対策など独力で学習して行くことが好きな事の方が向くと思います。メルマガなどで独立開業を目指すならば、文章を書くのが苦にならず、人に読んでもらう文章を書きたいという人の方が長く続けられると思います。

|ネットビジネス| → |アフィリエイト| |ドロップシッピング| |リセールライト|


オフラインビジネスに向く人

オフラインでビジネスするには、基本的に受注をとるためには、営業活動をしなければならないことが殆どでしょうから、人と話すのが好きな人の方が当然向くことになります。

もっとも色々なビジネスがありますから、一概にはいえませんが・・・。またオフラインビジネスといっても、全くネットなどの通信手段を使わないということもないでしょうから、受注はネットやFAXで、仕事の処理もPCで、納品も主にPCでということもあるでしょう。

完全にネットやPCを使わないで独立開業するオフラインビジネスというのもあまり考えられないかもしれませんね。

オフラインで独立開業するのに人気なのは、飲食ビジネスや、塾、教室ビジネスです。

どちらも個人で始めることができるビジネスで、フランチャイズなども結構用意されていますね。

ただ、飲食店ビジネスは資金がけっこうかかりますし、星の数ほど開業されますが・・・2〜3年生き残っているのはそうないと言われています。

塾にしても、開業塾数より、閉室数のほうがここ数年多いと言われていました。だいぶ淘汰されて、ゆとり教育の弊害で、塾の存在がまたクローズアップされ、通塾率は悪くないようで、業界の売り上げも回復してきましたが、やはり10年、いえ、20年ぐらいまえのように、開けば生徒が集まるわけではないので、FCに加盟したからとといって安心はできませんので、良く考えて独立開業して欲しいと思います。

また、女性に人気の美容系のビジネス。永遠に需要があるビジネスですね。基本的にテナントなどを借りて開業するには、資金のいる独立開業ビジネスですが、スキルを身につけて、自宅で始めるという手もあるかもしれませんね。長寿大国化はアンチエイジング需要も、健康需要もあると思います。需要は減ることはないでしょうから、有望な独立開業ビジネスだと思います。

|オフラインビジネス| |美容健康ビジネス| |ベンチャービジネス| |独立開業独立開業情報ブログ| |フランチャイズビジネス|