独立開業ビジネス特集

独立開業ノウハウだけを手に入れる

少ない資金で独立開業するということを考えるとFC加盟などはかなり困難だと思いますので、自力で開業する方法として、ノウハウだけを販売しているものを取り上げてみました。

ネットビジネスに多くある、詐欺的な、誇大広告ばかりの情報商材よりは、リアルビジネスにおいて実際の経験を元に書かれている情報商品は、それだけの価値はあるものと期待できます。

もちろん、それがすべて価値のある物かどうかは、分かりませんので、ご購入者の責任と判断に頼るところですが、FC等に加盟して、多額の投資をしなければ開業できないリスクを とるよりは、いいのではないかと思います。

購入後の相談などのサポートがついているものの方が、いいと思います。

以下に、リアルビジネスに関する情報商品について見つけてまとめています。ただし、その内容についての保障はできませんので、下記の情報は自身の責任においてご利用下さい。

無料セミナー特集をお探しならこちら

便利屋開業

便利屋、いわいるなんでもやさん、登場してきたと気にかなり話題となり、脱サラの1つの方法として注目もされました。

もともと、自力で、なんでも請け負うサービスを電話と自動車1つでできるビジネスであることが魅力でしたが、そこに目をつけてFCで設けようと言うものもでてきました。

ただ、少ない資金で身一つで始められる野が魅力のビジネスですから、FCに加盟せずに、始められるはずです。

もちろろん、競合も増えているでしょうから、全く何の営業知識もないと、最初は遠回りばかりで麻呂ウすると思いますので、やはり経験者のノウハウは欲しいところです。

高齢化で需要は増えていく一方だと思いますので、まだまだ大きくなるチャンスがありますので、脱サラ独立開業の魅力は沢山あると思います。

最近は、女性の便利屋さんの需要が高まっています。子供の保育園や習い事の付き添い、お迎え、ちょっとした家事や、話し相手など、特に精神的な不安が多く発生した、震災以降に 女性の便利屋さんの需要が高まっているようです。

保育士の資格などを持っているといいかもしれません。

同じ便利屋的な仕事でも、車いじりが好きな人は、最近はやりのリペア事業というのもよさそう。消費税UPなどで、長く車を乗る人が増えそうだしね。

テープ起こし

マイナーな仕事ですが、確実に重要が存在するテープ起こしという仕事をしっていますか?

講演など音声で収録された録音を紙媒体にするときに、活躍するのがテープ起こし員です。

音声を聞き取って、テキストにするという作業は、簡単なようで、意外と経験による技術が必要だったりします。

通信講座などでも、学ぶ事はできます。在宅でパソコンとテープレコーダぐらいのものでコストがかからず始められる自宅開業方法です

実際にテーブ起こしの仕事をしているひとから教えてもらうのが一番の近道だと思いますので、もし知人などの伝があれば聞いてみるといいでしょう。

中国のオークションサイトからヤフオクへ転売

日本の多くの企業が世界の工場中国で製品を作らせているのは、皆さんがご存じの通り。そう、とにかく中国で製品を作るととにかくコストが安いのです。

実は、中国のオークションサイトの代行落札や出品をしてくれる業者もあり、その手数料を支払っても、稼ぐ事が出来てしまうという現実はアルのです。

つまり個人のレベルで中国語がわからなくても、仕入れて、ヤフオクで転売して稼ぐということが出来てしまうのです。

輸入手続きを代行してくれる業者がネットを探せば沢山出てくるからです。

ただ、もちろん中国語ができた方が、騙されたりするリスクを回避できるので、身につけた方がいいのは当然ですが

自宅ネイルサロン開業の方法

ここ数年人気になったネイル。男性にはよく理解できませんが、女性は大好きで、需要は増すばかり。

エステなどの美容系のビジネスだと、設備がかなりかかりますし、スキルも擬十つ的なことも大変でそう簡単に起業はできません。

しかし、ネイリストになるのは独学でもできないことはないですし、設備といえるほとのものは必要なく、道具程度のものでできます。

自宅をネイルサロンにしてもいいでしょうし、出張サービスもできますから、少ない資金で自力で開業できるのが魅力です。

最近は男性のネイリストもいるようですから、かならずしも女性ばかりのビジネスでもありません。

飲食店開業マニュアル

ラーメン店FC、最近ではたいやきのFC等もでてきて、いまだも脱サラ一番人気の開業FC飲食店開業だと思います。

たしかに、国民食ならば、需要は大きいですが・・・・流行廃りのさもとても大きく、行列店が1年で閑古鳥なんてこともあります。

星の数だけ開業されて、またその分だけ廃業もあしていきますので、FCに加盟してもあんしんとはいえません。

まずは、資金もあまりないときは、ノウハウだけでも学んでみるところから始めるというのが、いいのではないかと思います。