エステサロン独立開業

エステェティシャンの資格と独立開業

独立開業するための国家資格はないようだが、業界内の協会による資格は存在するようだ。国内の協会の資格としては「日本エステティック協会認定エステティシャンの資格」海外の資格としては「CIDESCOインターナショナル・エステティシャン(国際資格)」などがある。

この「日本エステティック協会」はCIDESCO(国際的に最も権威のあるエステティックと化粧品学の国際委員会とされています)の日本支部で、この協会の資格取得後に3年の実務経験を経ると、CIDESCOインターナショナルエステティシャン資格取得試験を事件する事ができます。

つまりこの資格を取得すると、エステテイシャンとして海外でも通用することになるわけです。権威付けは独立開業ビジネスにも大切ですから、どうせなら国際的な資格まで取得してしまうといいと思います。

業界に就職して、技術や知識を身につけるにも、まずは専門の学校で資格や技術を取得する事が第一歩だろう、単に就職しても単なる事務職では記述は身に付かないし、就職できる可能性も少ないだろう。

他の美容健康ビジネスについての独立開業情報は各ページでご覧ください。

|エステ開業||ネイルサロンで独立開業||リフレクソロジー独立開業|

エステビジネス独立開業するための情報

エステビジネス関連の情報書籍はそう多くはないが、ここでお勧めのエステ開業のために役立つ書籍をご紹介しておきます。

女性が幸せになるためのゼロから始める サロンしたたか開業術お勧め度☆☆☆☆☆
本のふれこみをそのまま書くと「「仕事だけじゃイヤ!」「でも家庭だけに収まるのもイヤ!」そんなワガママを叶えてくれる粗利600万生活。仕事とプライベートをバランス良く保ちながら、充実した人生を送るための「粗利600万」を確実に手に入れるノウハウのすべてというものです。 農家の嫁として農業に携わる傍らエステサロンを開業という移植の著者は、独自の成功理論で開業3年で年商1億円を達成してしまう問い凄い実績を持っている。単にエステの開業とどまらず 独立開業を目指す物ならば読んでミ待機にさせられる本である。そして実際に個人事業開業小資本でのサロン経営の成功例として、夢と希望を与えてるくれる良書であると思います。

誰も教えてくれない「エステサロン」の始め方・儲け方―「継続して利益を出す」サロン経営のヒミツがわかるお勧め度☆☆☆☆
著者は、30数店舗のサロンの開業実績を持つ方、日本エステティック業協会認定講師の方、現在エステティックサロン経営の方と複数なので、色々な側面から、エステサロンの開業経営についてとても参考になる事がかかれいすま。 ある程度具体的なところまで調べている人には当たり前のことになってしまいますが、知識ゼロという人はまずとっかかりとして読んでおくべきかと思います。

図解入門業界研究 最新美容業界の動向とカラクリがよーくわかる本お勧め度☆☆☆
美容サービス業の動向や問題点を解説していますので、エステを含めた美容業界についての知識を入れておく必要があると思いますから、読んでおいて損はないと思います。