サテライトサイトの作り方育て方:アフィリエイトで独立開業できるか?|独立開業・起業のための情報館

サテライトサイトの作り方育て方

サイトを作ってアフィリエイトする場合、基本的にアクセスを検索エンジンから集めていくには、上位に表示させる対策、SEO対策を必要とします。

YST(ヤフー検索エンジン)がグーグルの検索エンジンを使うようになったので、基本的にはグーグルの対策をするだけでどちらもじょぅいにでてきます。

一番の方法は、質の高いサイトからの被リンクを増やしていくというこです。

被リンクは、サービス提供をしている業者もあるので、購入することもできますが・・・

それでうまくいく場合もありますが、逆に質が悪く県外にとばされてしまう事もありますので、猟場の件であり・・・費用も継続的に発生するので、あまりアフィリエイトで利用するというのは現実的ではないでしょう。
相互リンクもとても時間と労力が必要ですし、相互ですと、自分のサイトからも発リンクをしますので、発リンクした文はマイナスになりますから、トータルでプラスに持っていくのは結構大変です。

それらを考えると、メインサイトを作ったら、自分で被リンクを一方的にメインサイトに送るためのサテライトサイトを作るのが一番いい方法です。

ただし、そのためにはIPを分散させなければなりませんので、1つのサーバや1つのフリーブログサイトに、いくつもサテライトを作ってリンクしても、その効果は限られてしまいます。

ですから、IPの異なる場所にサテライトサイトを作っていく必要がありますので、レンタルサーバをいくつも借りなければならず、それを100も200というのは現実的に無理があるでしょう。

ですから、できるだけ、安いレンタルサーバを毎月使える経費以内で購入していく事と別に、たくさんのフリーブログや無料HPスペースを利用しサテライトサイトを作っていきます。

サテライトサイトであっても、やはり全部同じ記事ばかりというのでは、あまりいいことはありませんから、できるだけリライトして、ランダムに記事をいれていくようにすべきです。

そして、メインサイトと少なくとも同義語を含むカテゴリーを扱うサイトにして、記事のなかで自然な形でねらいのキーワードでリンクを送ります。

100個以上はサテライトをつくり、そのサテライトサイト自体の質を高めます。独立開業できるまでいくには、メインサイトのキーワードを含むタイトルのサテライトサイトを数百個作らないと無理だと思います。

数を増やすのは大変ですが、サテライト自体の質を高める事で、数百であっても力をもつでしょう。

しっかりとした記事で30ページ以上になるようにして、RSSをRSSリーダーに登録したり、ブックマークに登録したりしてサテライトにも被陸をつけるようにします。

独自ドメインで、レンタルサーバに作るサテライトサイトは特に、せっかくドメインなどお金をかけて作るのですから、質のいいサテライトとしてつくります。

そしてフリーブログからランダムに、独自止めつんのサテライトにも被リンクを送ります。

フリーで使えるサイトは、メインサイトだけでなく、サテライトさいとのサテライトとしても利用するのがいいでしょう。

フリーブログはいつどうなるかわかりませんので、そんなに力を入れる必要はありません。

タグ

2011年3月 4日|

カテゴリー:サイトアフィリエイト