副業レベルでアフィリを成功させるにはどうしたらいいのか?:アフィリエイトで独立開業できるか?|独立開業・起業のための情報館

副業レベルでアフィリを成功させるにはどうしたらいいのか?

アフィリエイトで独立を計画するとしたとしても、いきなり脱サラすることはあり得ない話です。

だとすると、在宅副業として、帰宅後の時間でできる作業で、脱サラできるだけの収入を得られるのかということが問題になってきます。

サテライトサイトを何百とつくり、メインサイトを10個以上作る、さらにサテライトといっても、オリジナル記事をできるだけ作るということを考えればそうとうな作業になります。

初心者にとって、いえ初級者でも、ドメインとを主尽くして、いろいろなレンタルサーバにネームサーバを設定したり、各サーバにMTOSをほインストールしたり。予約投稿ように、Cornの設定をしたりするスキルだけでも簡単なものではありません。
単純な、フリーブログのアカウントの取得でも、フリーメールの取得でも、数が100も200もとなってくるとそれだけで時間がなくなり、記事を書いている暇などないでしょう。

専業で一人だやっていたとしても、丸一日あっという間にたってしまいます。

ですから、現実的には、全部一人でやるというのは、専業アフィリエイターだとしても不可能だといえるでしょう。

ですから、どうしたって、ツールな代行サービスなどの外注に頼らざるおえません。

ただし、ツールや外注にもいろいろあります。

大量に配布される記事を毎月購入して、それを投稿しても、キャッシュポイントのあるサイトにはなりません。

サテライト用に使うにしても、多少はリライトしなければなりません。

ツールにしても、記事を自動投稿するとか、アフィリエイトサイトを自動で作るというようなものの多くは、それだけではほとんど収入を稼ぐ事はできません。

どんなツールでも、それだけで稼げるようなものは存在しません。

たとえできたとしても、みんながそれを使えばたちまち効果がなくなるので、存続氏得るはずはありません。

ツールはあくまで補助作業に使うためであって、それがメインで稼いではくれないのです。

少なくとも、メインサイトのコンテンツは自分でこつこつと作らなければなりません。

しかし、そのために必要なことはできるだけ時間をかけないようにするために、外注するのが得策です。

特にできないことのスキルを学ぶ時間がかかることを考えると、数千円程度で依頼できることならば、やってもらってしまうべきです。

在宅副業アフィリエイターの利点は、別途給与収入があるということです。

つまりそこから経費を出すことができるという利点です。

これが専業ならば、アフィリエイトで稼いだ分のなかから出していかなければならないですから、外注もそう簡単にはできないからです。

タグ

2011年3月 8日|

カテゴリー:サイトアフィリエイト