ヤフーはどこに買われるのか?動向はSEO対策に響く:アフィリエイトで独立開業できるか?|独立開業・起業のための情報館

ヤフーはどこに買われるのか?動向はSEO対策に響く

ヤフーの子会社のような存在である、中国のアリババが、逆に業績不振のヤフー本体を買収する用意があるとか・・・

一度諦めたマイクロソフトが、もう一度ヤフーの買収に興味をしめしているとか・・・

日本でネットビジネスをしてSEO対策をしている人にとっては、ケンサクエンジンシェア1位の日本ヤフーの動向はとても注目される存在です。

独自の検索ロボットを諦め、グーグルの検索システムを使うようになって、順位がグーグルに近くなって、今までのヤフーのケンサクエンジン対策が関係なくなったときは、かなり大きな影響がでましたからね。
ネットビジネスで独立開業を考えている人には死活問題なわけですからね。つまりここでヤフーがどこかに買収されるとなると、そのSEO対策が大きく変わってしまい、寿運変動などがおきたら、これは大変というわけです。

MSに買われたら、MSの検索エンジンになるかもしれませんし、中国企業などにかわれたらもっとわけがわからなくなりますし。

ただ、あまり中国企業に牛耳られるのは危険と感じる向きがおおいでしょうから、他ブナそうなったら、どこかが阻止するのではないかと思います。

またMSは単独での買収ではなく、他のIT企業と一緒に買収という以降があるようです。

さらに日本ヤフーで言えば、ソフトバンクがかなりの株をもっていますので、買い増しするとか、買収するとかするかもしれません。

日本ヤフーだけ切り離して、売却ということもありえるでしょうからね。

日本でネットビジネスやっている人には、今までどおりの検索エンジンシステムであってほしいでしょうから、そのままでソフトバンクなど日本の企業で化ってもらえるといいのかもしれませんね。

タグ

2011年10月21日|

カテゴリー:SEO対策